中村太地

日本人初、ブラームス国際コンクール“ヴァイオリン部門”優勝を果たした若きヴァイオリニスト=中村太地、デビュー・アルバム発売!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr
  • LINEで送る


日本人初、ブラームス国際コンクール“ヴァイオリン部門”優勝を果たした
若きヴァイオリニスト=中村太地、デビュー・アルバム発売!

中村太地
中村太地
 北九州出身、小倉高校卒。現在ウィーン国立大学に在籍し、過去多数のコンクール受賞歴を誇り、日本人では初となるブラームス国際コンクール“ヴァイオリン部門”にて優勝したヴァイオリン界の若き新星=中村太地が7/3にデビュー・アルバム『ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ集(全曲)』をリリースした。

 3歳よりヴァイオリンを始め、9歳ですでに九州交響楽団と共演し、幼くしてオーケストラと初共演を果たす。その後、2004年に“若い音楽家の為のチャイコフスキー国際コンクール”入賞、2005年“名古屋国際音楽コンクール”1位を獲得。2009年に活動の場をウィーンに移してから以降も、2012年“ハチャトウゥリアン国際音楽コンクール”3位、2013年“アバディエフ国際コンクール”最高位、2014年“クライスラー国際コンクール”特別賞、2016年“リピツァー賞”入賞するなど、数々の輝かしい受賞歴を重ねていく。そして2017年、日本人としては初となる“ブラームス国際コンクール”にて優勝し、クラシック界に現れた若き新星として大注目を浴びているアーティストだ。

 今回、ピアニスト江口玲と共にデビュー・アルバムとして挑んだ作品は「ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ集(全曲)」。中村自身思い入れの強いブラームス作品でその才能を存分にアピールした作品となっている。また、ブラームスとJ.S.バッハ、ベートヴェンのドイツ3大巨匠である作曲家に迫る、3大Bプロジェクトと題したリサイタル・ツアーも決定している。

 

 

[ RELEASE INFORMATION ]
ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ集(全曲)アーティスト: 中村太地(ヴァイオリン) 江口玲(ピアノ)
タイトル: ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ集(全曲)
発売日: 2019年7月3日
品番: VICC-60956
価格: ¥3,000+ 税


iTunes


ストリーミングサービスおよびiTunes Store、レコチョク、moraなど主要ダウンロードサービスにて7月3日よりより配信スタート!
※音楽ストリーミングサービス:Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Music Unlimited、AWA、KKBOX、Rakuten Music、RecMusic、Spotify、YouTube Music

【収録曲】
Violin Sonata No.1 in G major,Op.78/ヴァイオリン・ソナタ第1番 ト長調 Op.78「雨の歌」
1.Ⅰ.ヴィヴァーチェ・マ・ノン・トロッポ
2.Ⅱ.アダージョ
3.Ⅲ.アレグロ・モルト・モデラート

Violin Sonata No.2 in A Major Op.100/ヴァイオリン・ソナタ第2番 イ長調 op.100
4.Ⅰ.アレグロ・アマービレ
5.Ⅱ.アンダンテ・トランクイーロ
6.Ⅲ.アレグレット・グラツィオーソ (クアズィ・アンダンテ)

Violin Sonata No.3 in D Minor,Op.108/ヴァイオリン・ソナタ第3番 ニ短調 op.108
7.Ⅰ.アレグロ
8.Ⅱ.アダージョ
9.Ⅲ.アン・ポーコ・プレスト・エ・コン・センティメント
10.Ⅳ.プレスト・アジタート

 

【公演情報】
☆CDリリース記念ツアー

2019年
■7/7(日)大阪 SAYAKAホール ピアノ:佐藤卓史
■7/10(水) 三重 松阪市文化会館クラギホール ピアノ:佐藤卓史
■7/11(木) 三重 三重県総合文化会館 ピアノ:佐藤卓史
■9/23(祝・月) 福岡 響ホール ピアノ:江口玲
■9/29(日) 東京 サントリーホール ピアノ:江口玲
■10/5(土) 大阪 ザ・シンフォニーホール ピアノ:江口玲
■10/6(日) 東京 稲城市立iプラザ ピアノ:佐藤卓史
■10/9(水) 新潟 新潟りゅーとぴあ

 

【中村太地 プロフィール】
1990年、北九州市生まれ。福岡県立小倉高等学校卒業。3歳よりヴァイオリンを始める。2004年若い音楽家のためのチャイコフスキー国際音楽コンクールにて最年少ファイナリスト。2010年ブルガリアのシメオノヴァ国際コンクール優勝後に審査委員長A.スタンコフ氏にその才能を認められ、直後にソフィアフィルハーモニー管弦楽団とベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲を共演し、20歳でヨーロッパデビューを果たす。その後、2012年ハチャトゥリアン国際音楽コンクール第3位、2014年クライスラー国際コンクールにて特別賞受賞。2017年ブラームス国際コンクールヴァイオリン部門で日本人初の優勝を果たす。直後に行われたリピツァー国際コンクールでも第3位入賞など権威ある国際コンクールにて多数入賞及び受賞している。モスクワやウィーン、そしてフランコ=ベルギー派などの流派を汲み、これまでにアナスタシア・チェボタリョーワ氏や渡欧後はウィーン国立音楽大学にてミヒャエル・フリッシェンシュラガー氏に師事。2018年よりエリザベート王妃音楽院にてオーギュスタン・デュメイ氏に師事する。これまでに九州交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、サンクトペテルブルク交響楽団、クラーゲンフルトフィルハーモニー管弦楽団、ソフィアフィルハーモニー管弦楽団、フィルハーモニア・ジェルノグルシュカなど多数のオーケストラ及び、大山平一郎、故佐藤功太郎、渡辺一正、曽我大介、S.スムバチャン、A.スタンコフ各氏と共演するほか、フィンランド・クフモ室内楽音楽祭に2016年より毎年、アーティストとして招かれるなど、ヨーロッパと日本を中心に活動中。2016年度北九州市民文化奨励賞受賞。2018年より株式会社スターフライヤーと音楽家として初となるスポンサー契約を結んでいる。
2019年7月ビクターエンタテイメントよりデビューアルバム“オールブラームス全集”をリリース。9月よりサントリーホール、ザ・シンフォニーホール、響ホールをはじめとする大ホールツアーを開催。

【リンク】
■オフィシャルサイト:http://daichinakamura.com


2019/07/08-16:28:00

facebook
twitter

クラシック NEWS

More Music News...