【NEWS】

この春 WEB CMで話題沸騰!! 平成初頭、一世を風靡し、だれもが耳にしたあの曲が令和の最初に初デジタル・リリース!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr
  • LINEで送る


この春 WEB CMで話題沸騰!平成初頭、一世を風靡し、だれもが耳にしたあの曲が令和の最初に初デジタル・リリース!

『シンクロナイズド・ラブ』

 

 

 1990年代に大量に流れたレオタードのダンサーが大勢で踊るあのTVCM。誰もが一度どころか何回も耳にした「シンクロナイズド・ラブ」。この曲が今年春から再び話題になっている。

 きっかけは、So-netがアップしたWEB-CMだ。平成を締めくくるタイミングの今年の4月に、平成を代表するCM「武富士ダンス」にオマージュを捧げる形で、バブリーダンスでおなじみのアカネキカクが登美丘高校OGのダンスで映像を制作。新たに「ソネットダンス」として復活させた。昔と比べてダンスかキレキレで、黒の衣装もシャープだと評判になっている。
本作の公開にあわせて、So-netでは「#ソネットダンス 平成最後のダンスチャレンジ」キャンペーンをInstagramとTwitterで実施。ソネットダンスを踊ってみた動画を投稿すると、豪華賞金やアカネキカクとダンスコラボレーションできる権利などのプレゼントが当たるチャンスも。

 映像と同様に、「Let's Go!」でスタートするインパクトのある楽曲「シンクロナイズド・ラブ」。数多くのアーティストへの楽曲提供やプロデュースワークでも有名なアーティスト、ジョー・リノイエの作品である。以前、CDで発売されたことはあったが現在は廃盤で入手困難。今回この曲がこの度初めてデジタルリリースされることになった。5月15日から主要デジタルダウンロードサイト(ハイレゾ含む)、聴き放題サブスクリプションサービスで聴くことができる。また、「シンクロナイズド・ラブ」をブラスバンドで演奏して今年の夏の高校野球を盛り上げたいと高校ブラスバンド部から譜面のリクエストが届き、6月5日にはブラスバンドバージョンも配信されることが決定。

 元号が代わっても名曲は名曲。この「シンクロナイズド・ラブ」が令和も世の中を盛り上げてくれそうだ。
 

 

 

 

[ RELEASE INFORMATION ]
『シンクロナイズド・ラブ』『シンクロナイズド・ラブ』
配信リンク https://umj.lnk.to/jyor
2019年5月15日(水)DIGITAL RELEASE UNIVERSAL MUSIC
プロデューサー:ジョー・リノイエ
作詞:ジョー・リノイエ 訳詞:山本英美
作曲:ジョー・リノイエ 編曲:ジョー・リノイエ
演奏:ジョー・リノイエ

iTunes


(c)2000 by MUV RINOIE LTD.
(P)2000 by MUV RINOIE LTD.

 

【「ソネットダンス」So-net × アカネキカク】
https://www.youtube.com/watch?v=AMLP2qH5sJQ

●メイキング動画 https://youtu.be/mjMjDtL6tkQ
●振り付け解説動画 https://youtu.be/h3ZfUr4fLqw

●ソネットダンスキャンペーン Instagram公式アカウント
https://www.instagram.com/sonet_dance/
●ソネットダンスキャンペーン Twitter公式アカウント
https://twitter.com/sonet_dance

 

【ジョー・リノイエ】
http://muv.jp/management/joe-rinoie/

ジョー・リノイエ音楽プロデューサー、作曲家、シンガーソングライター。
声優養成学校「カレイドスコープ(KLSP)」代表取締役。

経歴
横浜出身、米国バークリー音楽大学でヴォーカルとピアノを専攻。自身のバンドD-Projectで1988年にデビュー、三枚のアルバムをリリース。ヴォーカルの他、作詞作曲編曲、キーボードやサックス、サウンドプロデュースを手がける。
1995年以降は「シンクロナイズド・ラブ」「それだけしか言えない」などソロ名義でのリリースに加え、ROmantic Mode、II MIX ⊿ DELTAのメンバーとしても活動。並行して、平井堅、近藤真彦、TOKIO、森川美穂、鈴木雅之、石井明美、ハウンドドッグ、小柳ゆき、ステファニー、矢住夏菜など多数のアーティストへの楽曲提供やプロデュースワーク、また、500本以上のCM音楽、アニメやゲームの主題歌および劇伴作曲などでも知られる。
ムーヴリノイエ、カレイドスコープはじめ複数の音楽制作・芸能プロダクションの代表を務め、自社スタジオやレーベルを擁する、経営者としての側面も持つ。2019年初頭にはD-Project30周年記念ライブを開催。自身のソロ活動、また清水信之氏との新プロジェクト「Du⇔Plex」など、アーティスト/プロデューサーとして今後も多岐にわたる活躍が期待される。

2019/05/15-18:38:00

facebook
twitter

J-POP NEWS

More Music News...

J-POP PICKUP

  • 邦楽Pick Up
  • 洋楽Pick Up

MORE PICKUP...