上白石萌音

ミニアルバム「i」7月10日リリース決定! 想像を超えたコラボレーション 作詞YUKI×作曲n-buna(ヨルシカ)による、新曲「永遠はきらい」を収録!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr
  • LINEで送る


上白石 萌音(かみしらいしもね)、ミニアルバム「i」(アイ) 7月10日リリース決定!
想像を超えたコラボレーション 作詞YUKI×作曲n-buna(ヨルシカ)による、新曲「永遠はきらい」を収録!

上白石萌音
上白石萌音
 上白石萌音が、7月10日にミニアルバム「i」(アイ)をリリースすることを発表した。CD作品としては2017年7月以来、約2年ぶりのアルバムリリースとなる本作のコンセプトは「上白石萌音が歌う、5つの恋物語」。収録される5曲は、「思わせぶりな恋」「幸せな恋」「終わった恋」「誰にも言えぬ恋」「片想いの恋」をテーマにそれぞれの恋の形が描かれる。

 このアルバムに、上白石自身が選んだタイトルは「i」(アイ)。i(I=自分)、アイ(愛)、そして“1人”を想って歌うという i(ローマ数字の1)、そんな想いを込めた。
 その強い意志を示すように、赤いワンピースを着た上白石萌音が、大胆に林檎の中に寝転ぶ姿が印象的なジャケット写真に仕上がっている。

 またこのアルバムには、常に女性の圧倒的な支持を得るYUKIが作詞を担当、作曲・サウンドプロデュースにMVの総再生数1億回を誇り、動画発アーティストの中でも破竹の勢いで注目を集めるバンド、ヨルシカのn-buna(ナブナ)を迎えるという、想像を超えたコラボレーションが実現した楽曲「永遠はきらい」が収録されることが決定!YUKIの恋心を巧みに表現したファンタジックな世界観、そしてヨルシカの全楽曲のコンポーザーであるn-buna(ナブナ)のキャッチーで忘れられないメロディを、上白石萌音が見事に歌い上げる。

 さらに、4月に配信シングルとしてリリースされた「ハッピーエンド」もCD作品として初収録。ラブコメディ映画『L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』の主題歌として、女の子のかわいい恋心を表現したこの曲は、SNSでも「歌詞がかわいい!」と話題を呼びと配信と同時に主要音楽配信サイトでTOP10にランクイン、サブスクリプション再生が140万回を超えるなど、ロングセールスを記録している。
 
 上白石萌音のアルバムへのコメントも到着。
ミニアルバム「i」(アイ)全国のCDショップ、オンラインストアで、予約受付開始!

<上白石萌音コメント>
5つの恋を、尊敬する皆様と共に紡がせていただきます。そして5曲全部にI(i)=私、アイ=愛と、I (1)=どの曲も”たった1人を想って歌う“という想い込めて、アルバムタイトルを「i」(アイ)と決めました。絶賛制作中で、まだわたしにも全貌が見えていませんが、恋をする時のように、胸を踊らせ、想いを巡らせながら、細部まで大切に作っています。楽しみにしていてください!

 

 

 

[ RELEASE INFORMATION ]
上白石萌音 ミニアルバム 「i」(読み:アイ)
2019年7月10日(水)リリース

上白石萌音 ミニアルバム 「i」(読み:アイ)初回限定盤■初回限定盤:CD(ボーナス・トラック付き)+DVD  
UPCH-7503 ¥2,130+税


<収録楽曲>
・永遠はきらい(作詞:YUKI 作曲・編曲:n-buna)
・ハッピーエンド(作詞・作曲・編曲:内澤崇仁)
・他3曲、全5曲収録予定

・「永遠はきらい」MV(DVD)
・「ハッピーエンド(studio live ver.)」(ボーナス・トラック)

上白石萌音 ミニアルバム 「i」(読み:アイ)通常盤■通常盤:CD
UPCH-2188 ¥1,667+税


<収録楽曲>
・永遠はきらい(作詞:YUKI 作曲・編曲:n-buna)
・ハッピーエンド(作詞・作曲・編曲:内澤崇仁)
・他3曲、全5曲収録予定

 

【上白石萌音 プロフィール】
1998年1月27日生まれ。2011年に第7回「東宝シンデレラ」オーディションで審査員特別賞を受賞。初主演映画『舞妓はレディ』(14)では、第38回日本アカデミー賞新人俳優賞など、多くの賞を受賞。『君の名は。』(16)でヒロイン:三葉の声を演じ話題に。18年は映画『ちはやふる-結び-』や『羊と鋼の森』のほか、舞台、ミュージカルなど幅広く活躍。今後も主演映画『スタートアップ・ガールズ』(9/6)の公開や、井上ひさし最後の戯曲『組曲虐殺』(10月より天王洲銀河劇場〜11月より各地)の公演を控えている。

【YUKI プロフィール】
YUKI1993年、JUDY AND MARYのヴォーカリストとしてデビュー。
2001年、JUDY AND MARYを解散後、
2002年2月にシングル「the end of shite」でソロ活動を開始。
先鋭的なサウンドや前衛的なビジュアルで独自の世界観を確立。
2012年5月、ソロ活動10周年を記念して開催した東京ドーム公演では、バンドとソロの両方で東京ドーム公演を行った女性ヴォーカリストとして“史上初”という記録を作り、約5万人を動員。
2017年までに、音楽チャートで1位を獲得したアルバム5枚を含む、8枚のオリジナルアルバムをリリース。
独特の歌声、表現、存在感は、あらゆる方面から多くの注目を集め、今後も音楽活動とそれに伴うライブ、アートワークの全てから目が離せない。

【n-buna(ナブナ)(ヨルシカ) プロフィール】
ヨルシカ ロゴ2012年から活動を開始したサウンドクリエイター。
「透明エレジー」「ウミユリ海底譚」「夜明けと蛍」「メリュー」「アイラ」「白ゆき」と多数のミリオンヒット曲を投稿し、2015年「花と水飴、最終電車」、2016年「月を歩いてる」の2枚のボーカロイドオリジナルアルバムを発売、ロングセラーを続ける。
2017年からはバンド「ヨルシカ」としての活動も開始。
2019年4月発売の1stFullALBUM「だから僕は音楽を辞めた」は、音楽配サイトで軒並み1位を獲得し、オリコン週間合算ランキングで初登場4位を記録。YouTubeをはじめとする動画サイトでの総再生回数は1億回を超えている。
多数のアーティストへの楽曲提供やテーマソングの制作などの作家としての活動も行う。
ロックからバラードまで幅広い楽曲のサウンドアレンジの評価も高く、文学的な歌詞と印象的な言葉遣いから成る詩世界が話題となり、唯一無二のクリエイターとして人気を集める。

 

【上白石萌音 OFFICIAL】
≪上白石萌音オフィシャルサイト≫
https://kamishiraishimone.com
≪ユニバーサルミュージック 上白石萌音サイト≫
https://www.universal-music.co.jp/kamishiraishi-mone/
≪上白石萌音instagram 公式アカウント≫
https://www.instagram.com/mone_kamishiraishi/
≪上白石萌音オフィシャルブログ≫
https://ameblo.jp/mone-kamishiraishi/
≪上白石萌音マネージャーTwitter≫
https://twitter.com/mone_tohoent
≪東宝芸能オフィシャルサイト≫
https://www.toho-ent.co.jp/actor/1055

2019/05/14-16:55:00

facebook
twitter

J-POP PICKUP

  • 邦楽Pick Up
  • 洋楽Pick Up

MORE PICKUP...