【NEWS】

クラシック音楽レーベルとコンサートホールがコラボレーション・コンサートを開 催!次代のクラシックを担う演奏家たちによるコンサートOpus OneLive @ Hakuju Hall
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr
  • LINEで送る


クラシック音楽レーベルとコンサートホールがコラボレーション・コンサートを開催!
次代のクラシックを担う演奏家たちによるコンサートOpus One Live @ Hakuju Hall

笹沼樹(チェロ) 古海行子(ピアノ)

(左から)笹沼樹(チェロ)、古海行子(ピアノ)

 


 レコード会社の新しいレーベルと名門コンサートホールがコラボレーション・コンサートを開催する。日本コロムビアが2019年からスタートした、若手クラシック・アーティスト発掘のための新レーベル「Opus One」。作品番号1を意味する名を冠し、第1弾は5名の20代アーティストのアルバムをリリースして話題となったが、そのレーベルのカラーと姿勢に共鳴した東京・Hakuju Hallが、新たに「Opus One: Live @ Hakuju Hall」(オーパス・ワン: ライヴ・アット・ハクジュホール)シリーズを立ち上げ、レーベル連動のコラボレーション・コンサートを定期的に開催することを発表した。

 「Opus One」は、ピアニスト反田恭平やサクソフォニスト上野耕平を世に送り出し、新たなクラシックファン層の拡大を目指してきたコロムビアが、クラシックのニュージェネレーションをさらに掘り起こすべく、特定のコンクール歴や活動実績にとらわれることなく、制作ディレクターチームがそれぞれ選定したアーティストをそろえたレーベル。

 1月23日のレーベル始動とともにリリースしたのは、笹沼樹(チェロ)、石上真由子(ヴァイオリン)、鈴木玲奈(ソプラノ)、古海行子(ピアノ)、秋田勇魚(ギター)の5名のアルバムだ。またリリース直後の1月25日には、レーベルスタートを記念して、同じくハクジュホールにて「Opus One コンサート2019」を開催。第1弾アーティスト5名が集結し、満場の観客の中、フレッシュな演奏を繰り広げた。

 実力派のアーティストたちが多くの演奏会を開催するハクジュホールも、クラシック界に風穴を開けるCDレーベル発のこの新たな試みを歓迎し、今回のコラボレーション・コンサートが実現する運びとなった。

 ハクジュホールの原昭邦支配人は「レコード会社と音楽ホールという、役割は違いますが目的、問題意識を近しく持つ会社同士という事で、クラシック業界の発展に相乗効果を作りながら寄与して行きたいと願っております」とコメントを寄せている。

 「ライヴ・アット・ハクジュホール」は、9月10日(火)にチェロの笹沼樹、12月26日(木)にピアノの古海行子の演奏会が行われる予定。また、来年前半には、石上、鈴木、秋田の演奏会も行われることが予定されている。

【”Opus One” Official Website 】
https://columbia.jp/opusone/

【ハクジュホール 原支配人コメント(全文)】
設立15年を経過したハクジュホールですが、過去にもコロムビアレーベルJーclassicとの共同開催を行った事があり、それ以来のお付き合いは続いておりました。この度、ハクジュホールでOpus One発売記念コンサートを当ホールで開いて頂いた事と、ハクジュの若手音楽家の演奏機会創出という考え方、そしてまずは第1回目選出アーティストがハクジュホールに縁のある方も多いという事で久々の日本コロムビアさんとの共同開催を決断しました。単なるレーベルの浸透、コンサートの開催に止まらずに、CDソフトウェアを取り扱う会社、レコード会社と音楽ホールという、役割は違いますが目的、問題意識を近しく持つ会社同士という事で、クラシック業界の発展に相乗効果を作りながら寄与して行きたいと願っております。

【コンサート情報】
Opus One(オーパス・ワン) Live @ Hakuju Hall

■ Vol.1 笹沼樹(チェロ) 9/10(火)  開演:19:00 (開場:18:30)
ショスタコーヴィチ:チェロ・ソナタ 作品40
カサド:親愛の言葉
カサド:無伴奏チェロ組曲
グラナドス :スペイン舞曲 第5番 「アンダルーサ」
ショパン:序奏と華麗なるポロネーズ 作品3
ラフマニノフ:ヴォカリーズ ほか

■ Vol.2 古海行子(ピアノ) 12/26(木)  開演:19:00 (開場:18:30)
バッハ:前奏曲、フーガとアレグロ BWV998
シューベルト:ピアノソナタ第19番 ハ短調 D.958
ラヴェル:高雅で感傷的なワルツ
リスト:超絶技巧練習曲集 S.139 より 第5番「鬼火」、第10番 へ短調
リスト:バラード第2番 S.171

入場料:全席指定 3,000円(税込) Hakuju Hall
チケットお申込み hakuju Hall チケットセンター: 03-5478-8700 10:00~18:00
(火~土 ※祝日・休館日を除く
Hakuju Hallオンラインチケット予約 http://www.hakujuhall.jp

●ローソンチケット 0570-000-407(Lコード:31692)
●イープラス http://eplus.jp
DM会員先行発売日 2019年5月18日(土)
一般発売日 2019年5月25日(土)
主催:日本コロムビア株式会社
共催:Hakuju Hall / 株式会社 白寿生科学研究所
問合せ:日本コロムビア 03-6895-9001(10:00~13:00/14:00~17:00(土日祝除く))

【プロフィール】
■笹沼 樹/チェロ Tatsuki Sasanuma/cello

ARDミュンヘン国際音楽コンクール弦楽四重奏部門第3位、東京音楽コンクール第2位をはじめ、国内外のコンクールのソロ部門・室内楽部門で優勝・入賞を重ねる。桐朋学園大学ソリストディプロマコース修了、学習院大学文学部卒業。平成29年学習院でのリサイタルは天皇皇后両陛下をお迎えしての天覧公演となった。カルテット・アマービレ、ラルーチェ弦楽八重奏団のメンバー。堤剛氏に師事。
使用楽器は1771年製C.F.Landolfi(宗次コレクション)。

■古海 行子/ピアノ Yasuko Furumi/piano
第4回高松国際ピアノコンクール優勝、5つの特別賞を受賞。第40回ピティナピアノコンペティション全国決勝大会G級金賞、コンチェルトB部門第1位。第20回浜松国際ピアノアカデミーコンクール第2位、ショパン国際ピアノコンクールin ASIAプロフェッショナル部門金賞等数々のコンクールで受賞し、国内外で演奏活動を行う。昭和音楽大学ピアノ演奏家コース4年、同附属ピアノアートアカデミー在籍。江口文子氏に師事。

2019/05/09-17:42:00

facebook
twitter

クラシック NEWS

More Music News...