BOYS AND MEN

10-FEETのTAKUMAが“卓真”名義で書下ろした新曲「頭の中のフィルム」ミュージックビデオ解禁!品川ヒロシ(品川庄司)が監督を務め、超力ヤンキー作品が完成!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr
  • LINEで送る


名古屋発エンターテイメント集団 BOYS AND MEN、10-FEETのTAKUMAが“卓真”名義で書下ろした新曲 「頭の中のフィルム」ミュージックビデオ解禁!
品川ヒロシ(品川庄司)が監督を務め、超力ヤンキー作品が完成!

BOYS AND MEN
BOYS AND MEN
品川ヒロシ(品川庄司)
品川ヒロシ(品川庄司)
 2010年に結成―、名古屋という街を愛し、名古屋を拠点に壮大な夢に向かって決して諦めずに活動を続けてきた熱い男達BOYS AND MEN(通称ボイメン)。結成当時からメンバー自らが街でチラシを配るなど、ファンを増やす活動を地道に行い一歩ずつ駆け上ってきた。

 その活動は実を結び、2014年には初の冠レギュラー番組を手にし、2016年「BOYMEN NINJA」から2018年「進化理論」(TBS系アニメ「新幹線変形ロボ シンカリオン」主題歌)まで、リリースした全てのシングル&アルバムでオリコンデイリーチャート1位を獲得! その後のシングル「炎・天下奪取(2018.9.12発売)」、初のベストアルバム『ボイメン・ザ・ベスト(2018.12.19発売)』もiTunes総合1位を獲得!
そして今年1月には大きな夢の舞台となるナゴヤドーム単独公演も大成功を収め、その勢いは止まらない。

 そんなボイメンが5月29日(水)にリリースするニューシングル「頭の中のフィルム」のミュージックビデオを解禁した。
「頭の中のフィルム」は、バンド結成20周年を越え現在もシーンを牽引し続けるバンド10-FEETのTAKUMAが“卓真”名義でボイメンのために書き下ろした楽曲。哀愁感漂うギターリフが印象的な、琴線を振るわせるロックバンドさながらの音源になっている。同曲は、小林豊(BOYS AND MEN)主演の4月クールドラマ(4月25日スタート)「ミナミの帝王 ZERO」(関西テレビ毎週木曜深夜0:25〜0:55放送)の主題歌にもなっている。

 今回、品川庄司の品川ヒロシがミュージックビデオ監督を務め、以前監督・脚本を努めた映画「ドロップ」(09年公開)を彷彿とさせるような、熱いヤンキー超力ミュージックビデオが完成した。“友情”を熱く歌った同曲の世界観を表現したいという思いから、ヤンキー映画監督の代名詞ともいえる品川ヒロシに、ボイメンからオファーして今回のタッグが組まれた。
ミュージックビデオのストーリーは、敵に捕らわれたメンバーを迎えにいくという、まさにヤンキー映画必須の“友情”をテーマにしたもの。喧嘩シーンでは、各メンバーの身体を張ったアクションが見れ、映画さながらメンバーの迫真の演技にも要注目だ。そしてミュージックビデオ最後には、品川ヒロシ監督ならではの遊び心も詰め込まれているので要チェック!

 さらに4月25日からは各主要配信サイトにて「頭の中のフィルム」の単曲先行配信、そしてiTunes Storeにてバンドル予約注文もスタート!5月27日までにiTunes Storeでバンドル予約をすると、ミュージックビデオのメイキング映像がプレゼントされる。CDに収録されているメイキングとは別カットの映像となっていて、ここでしか手に入らいない映像になるので、こちらも是非予約して手に入れてほしい!

 名古屋から天下を手にすべく、全力で駆け抜けるBOYS AND MENからまだまだ目が離せない!!

【品川ヒロシコメント】
今回は、ボイメンのみんなが『ドロップ』が好きでしたと言ってくれていたし、
ボイメンと言えば学ランというイメージだったので、
歌詞を聴いて、そこから『不良映画』のようなMVにしました。
メンバーは、マジで朝から晩まで元気で明るくて、体育会系。
いい意味でバカ(笑)。最高に楽しい撮影になりました。
みんな表情が良くて絵になるし、
アクションはダンスをしているから身体能力が高くて無理難題にもこたえてくれる。
メチャクチャ天気が良くて、最後はいい感じの夕日。天候にも恵まれました。
今回は僕にとっても、思い入れの強い作品になりました。
近い将来。名古屋版の『ドロップ』のような映画をボイメンで撮れたらいいなと思いました。

■BOYS AND MEN ミューシングル「頭の中のフィルム」 ミュージックビデオURL
https://www.youtube.com/watch?v=ya8eqJ7fbn4
キャプチャ
BOYS AND MEN ミューシングル「頭の中のフィルム」MV BOYS AND MEN ミューシングル「頭の中のフィルム」MV BOYS AND MEN ミューシングル「頭の中のフィルム」MV BOYS AND MEN ミューシングル「頭の中のフィルム」MV

■BOYS AND MENニューシングル「頭の中のフィルム」 ご購入はこちら
https://umj.lnk.to/bm_atamaPR

■BOYS AND MEN OFFCIAL SITE
https://boysandmen.jp

 

 

[ RELEASE INFORMATION ]
《シングル詳細》
「頭の中のフィルム」 5月29日(水)発売

■BOYS AND MENニューシングル「頭の中のフィルム」 ご購入はこちら
https://umj.lnk.to/bm_atamaPR

BOYS AND MEN「頭の中のフィルム」初回限定盤A<初回限定盤A>
【CD+DVD】¥1,800(税込) / UICV-9307

■CD
1. 頭の中のフィルム
2. ONE WAY
3. 夢Chu☆毒

■DVD
頭の中のフィルム -MV-
頭の中のフィルム –Making of Music Video–
頭の中のフィルム –Making of Jacket Photos–

BOYS AND MEN「頭の中のフィルム」初回限定盤B<初回限定盤B>
【CD+32Pブックレット】¥1800(税込) / UICV-9308

■CD
1. 頭の中のフィルム
2. ONE WAY
3. 夢Chu☆毒
4. 頭の中のフィルム –カラオケver.-

BOYS AND MEN「頭の中のフィルム」通常盤<通常盤>
【CD Only】¥1,300(税込)/ UICV-5080

■CD
1. 頭の中のフィルム
2. ONE WAY
3. 夢Chu☆毒
4. 頭の中のフィルム –Instrumental-
5. ONE WAY –Instrumental-
6. 夢Chu☆毒 –Instrumental-

CD購入特典:オリジナルA2ポスター
※一部取り扱いの無い店舗がございますので、ご希望の店舗で特典の有無をご確認ください。
※特典は先着です。数に限りがございますのでお早めにご予約ください。

 

■タイアップ情報
・M1「頭の中のフィルム」
関西テレビ「ミナミの帝王ZERO」主題歌


『ミナミの帝王ZERO』
<2019年4月25日(木)スタート 毎週木曜深夜0時25分~0時55分放送 (関西ローカル)>

大阪・ミナミを舞台にした人気漫画「ミナミの帝王」の主人公・「金貸し萬田銀次郎」が誕生するまでの物語を、BOYS AND MEN・小林豊主演で、ドラマ化。
小林が演じるのは、原作:天王寺大、萬画:郷力也の漫画「ミナミの帝王」(週刊漫画ゴラク連載中)の主人公で、大阪ミナミの金貸しの萬田銀次郎。借金はどんな手を使ってでも取り立てることから、貸し倒れ(貸した金を回収できなくなること)にあったことがなく、「ミナミの鬼」と恐れられている人物として描かれている。

ドラマ『ミナミの帝王ZERO』(4月25日(木)スタート 毎週木曜深夜0時25~0時55分放送)では、銀次郎がどのような生い立ちで、なぜ「ミナミの鬼」とまで呼ばれるほどの金貸しになったのかが明かされる。まさに、「ミナミの帝王」の原点となるドラマだ。
銀次郎の人格形成に多大な影響を与えた両親や、幼少期の事件、初恋の女性、銀次郎を金融スペシャリストに育て上げた人物などが登場。
銀次郎が幼い頃、父親は、悪徳商事の社長の罠にはまり自殺に追い込まれ一家は転落。落ちるところまで落ちた銀次郎は、ある老人に助けられる。彼が組織した金融・IT・語学など様々な分野に長けたスペシャリスト集団「チーム銀次郎」から教育を受け、壮大な復讐を企てる。
銀次郎を教育するスペシャリスト集団「チーム銀次郎」を、BOYS AND MENの6人のメンバー(本田剛文、辻本達規、吉原雅斗、水野勝、田村侑久、勇翔)が演じる。

【ストーリー】
大阪・ミナミの露店で物を売り、裏では当たり屋として金を稼ぐ若者がいた。チンピラ然とした風体で眼光鋭いその男こそ、若き日の "萬田銀次郎"(BOYS AND MEN・小林豊)である。
ヤクザさえも敵にまわし、命がけで金を稼ぐ銀次郎には、ある悲しい過去があった。
銀次郎が幼い頃、建設業を営む父・浩一郎が、巨大商社・阿久都商事の阿久都天勝による卑劣な詐欺行為により転落。100億円以上の負債を抱えた父親は自ら命を絶ち、そのショックで母親は病床に臥せることに。銀次郎は当たり屋をすることで母の入院費用を稼いでいた。
当たり屋をして瀕死の重傷を負った銀次郎は、ある日“長老”(関秀人)と呼ばれる老人に助けられる。阿久都への怨念を抱きながら、目的もなく生きていた銀次郎は、かつて当たり屋をした時に出会った心優しい女子高生・菜穂子が、阿久都の愛娘だったことを知る。銀次郎は彼女に近づいて阿久都に復讐することを決意するのだった。
「阿久都を叩き潰したい!」と訴える銀次郎に、長老は最高の頭脳集団を集めて「チーム銀次郎」を組織し復讐のための手助けをする。
そして5年後、ミナミの街に“萬城銀次郎”と名乗る男が姿を見せる。銀次郎の壮大な復讐が始まる。

<作品概要>
【放送枠】2019年4月25日スタート 毎週木曜深夜0:25~0:55 (関西ローカル)
【タイトル】ミナミの帝王ZERO
【出演】萬田銀次郎…小林豊(BOYS AND MEN)
<チーム銀次郎>
教授 本田剛文(BOYS AND MEN)
館長 辻本達規(BOYS AND MEN)
バンク 吉原雅斗(BOYS AND MEN)
ヤブ医者 水野勝(BOYS AND MEN)
IT 田村侑久(BOYS AND MEN)
ペラペラ  勇翔(BOYS AND MEN)   
長老  関秀人 他

【原作】天王寺大
【萬画】郷力也
【企画】郷力也 増田幸一郎(メディアプルポ)
【脚本】政池洋佑 澤田征士
【演出】根本和政/藤原慎平 吉川優作 堀江拓真 髙野有里 杉岡亮(メディアプルポ)
【プロデュース】石岡雅樹(カンテレ) 増田幸一郎(メディアプルポ)
【制作】カンテレ
【制作著作】メディアプルポ

・M2「ONE WAY」
NHK Eテレ「スポンジ・ボブ」エンディングテーマ曲


©2019 Viacom International Inc. All rights reserved. Created by Stephen Hillenburg.

<作品概要>
【放送局/番組名】NHK Eテレ/スポンジ・ボブ エンディングテーマ曲
【放送枠】2019年4月6日(土)スタート 毎週土曜18:00~18:25
【内容】『スポンジ・ボブ』は、グローバルなキッズ&ファミリー向けエンターテインメント・ブランドのニコロデオンを代表する、大人気アニメ・シリーズです。深~い海の底にある海底都市“ビキニタウン”のパイナップルの家で、ペットのカタツムリのゲイリーと住んでいる黄色くて、四角いスポンジ・ボブ。バーガーショップ「カニカーニ」でのバイトが大好きで、相棒のヒトデのパトリックや、リスのサンディといつも楽しく遊んでいます。だけど、なぜだか、いつもトラブルに巻きこまれてしまう! とっても前向きで楽観的、無邪気で何事にも一生懸命な姿に、だれしも元気づけられること間違いなし!2019年には、20周年のアニバーサリーイヤーを迎えます。

■ライブ情報
・BOYS AND MEN

2020年 アリーナツアー開催予定!

・誠
<ツアータイトル>
「BOYS AND MEN誠 Zeppツアー2019 ~元気いっぱい全国大冒険~」

<日程>
●6月13日(木)Zepp Diver City Tokyo
開場:17:30/開演:18:30 
●7月5日(金)Zepp Namba
開場:17:30/開演:18:30
●7月19日(金)Zepp Fukuoka
開場:17:30/開演:18:30
●7月22日(月)Zepp Nagoya
開場:17:30/開演:18:30

 

【品川庄司/品川ヒロシプロフィール】
品川祐と庄司智春によるお笑いコンビ。
作家・映画監督としては、品川ヒロシ名義で活動。
2003年、短編映画「two shot」にて初の監督、脚本、出演を務める。
2008年には自身の小説「ドロップ」を原作に映画化し、自ら監督、脚本を務め大ヒットをさせた。
映画、ドラマ、ミュージックビデオなど監督活動は多岐にわたる。

【卓真プロフィール】
10-FEETでVocal / Guitarを担当。作詞作曲も担当。
地元京都を拠点に活動。
また、2018年からはアコースティック編成でのライブにも力を入れている。

全国ツアーや各地のフェス出演等精力的に活動中。
10-FEET主催の京都大作戦は、毎年チケットの争奪戦が繰り広げられ、アーティスト主催のフェスを代表している。
バンド結成20周年を越えた現在もピークを更新し、まだまだ進化中で突っ走っている。

【BOYS AND MEN/プロフィール】
2010年、東海エリア出身・在住の10人のメンバーで結成されたユニット「BOYS AND MEN」通称ボイメン。
トレードマークである学ランを身に纏い、歌・ダンス・芝居だけでなくミュージカルなどもこなすエンターテイメント集団。 東海地方をはじめテレビ・ラジオのレギュラーが多数放送されている。 2016年リリースのシングル「BOYMEN NINJA」(1月6日発売)、「Wanna be !」(2月3日発売)はオリコンデイリー、ウィークリー共にシングルランキング初登場1位を獲得! そして、8月24日リリース、メジャーレーベル契約第一弾シングル「YAMATO☆Dancing」はオリコンデイリーシングルランキング1位を獲得! 見事オリコンデイリーシングルランキング3作連続1位を記録した。 10月29日には、自らが演じたバイオグラフィー映画『BOYS AND MEN ~One For All, All For One~』が全国公開。 翌年にDVD化され、4月26日付、オリコンデイリーDVD映画ランキング1位を獲得した。 更に、2016年12月14日にリリースしたニューアルバム「威風堂々〜B.M.C.A.〜」はオリコンウィークリーCDアルバムランキング1位を獲得。 第58回日本レコード大賞 新人賞を受賞。 2017年1月7日には武道館公演を成功させ、2月からスタートした日本全国47都道府県ツアーも大盛況のうちに幕を閉じた。 8月2日にリリースした「帆を上げろ!」で4作連続オリコンデイリーシングルランキング1位を獲得。 そして最新アルバム「友ありて・・」(2017.12.20発売)は、2018年1月1日付オリコンウィークリーアルバムランキング1位 & iTunes総合アルバムランキング1位を獲得。 2018年4月21日付「進化理論」iTunes J-POPソングランキング1位、 5月9日付オリコンウォークリーランキング1位を獲得。そして、シングル「炎・天下奪取(2018.9.12発売)」はMBS/TBSドラマイズム「マジで航海してます。~Second Season~」主題歌に決定、そのシングルを含む初のベストアルバム「ボイメン・ザ・ベスト」(2018.12.19)もiTunes総合1位を獲得し、その勢いは止まらない。
2017年には初の日本武道館公演、そして47都道府県ツアーを開催。2018年12月19日に初のベストアルバム『ボイメン・ザ・ベスト』をリリース。2019年にはそれを引っ提げて大きな夢の舞台となるナゴヤドーム単独公演(2019.1.14)開催し大成功をおさめる。

■BOYS AND MEN OFFCIAL SITE
https://boysandmen.jp
■OFFICIAL TWITTER
https://twitter.com/BOYSANDMENinfo
■ BOYS AND MEN Official VEVO Channel
https://www.youtube.com/user/BOYSANDMENVEVO

2019/04/24-12:25:00

facebook
twitter

J-POP PICKUP

  • 邦楽Pick Up
  • 洋楽Pick Up

MORE PICKUP...