SiM

新曲「LiON'S DEN」、配信開始!新日本プロレスとSiMによる、「ガチ・コラボ」なPVを公開!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr
  • LINEで送る


SiMの新曲「LiON'S DEN」、配信開始!
新日本プロレスとSiMによる、「ガチ・コラボ」なMVを公開!

SiM「LiON'S DEN」MV
SiM「LiON'S DEN」MV
 史上初めて「バンドリ! ガールズバンドパーティ! presents WRESTLE KINGDOM 13 in 東京ドーム」(通称「イッテンヨン」)テーマソングと、テレビ朝日系「ワールドプロレスリング」2018年12月・2019年1月ファイティングミュージックのダブル・タイアップに決定している、湘南で結成されたレゲエパンク・バンドSiMの新曲、「LiON'S DEN」。同曲を用いた“新日本プロレス×SiM「WRESTLE KINGDOM13 in 東京ドーム」コラボMV”が完成、YouTubeにて公開された。

 これは、棚橋弘至選手や、ケニー・オメガ選手、内藤哲也選手、オカダ・カズチカ選手といった「イッテンヨン」にも出場する錚々たる選手たちの名シーンが投影される巨大なLED ビジョンの前でSiMが演奏するという、相思相愛のNJPWとSiMがタッグを組んだ「ガチ・コラボ」なPVとなっている。

 先日12/10(月)に新日本プロレスワールドとAbemaTVでライブ配信された特別番組「もうす ぐイッテンヨン!新日本プロレス大忘年会」で先行公開されるや否や、「かっこ良すぎる!」、「ありえないくらい最高」、「新日愛がハンパない」、「プロレス好きのプロレス好きによるプロレス好きのための歌詞」など、その映像はもちろんのこと、ガチプロレスファンのMAHが書き下ろした歌詞についても大好評を得た。

 なお、「LiON'S DEN」は iTunes、レコチョク、Apple Music、LINE MUSICほか主要配信サイトでの配信も本日より始まっている。(→ https://umj.lnk.to/LiONSDENDL

 また、MAHが棚橋弘至選手や本間朋晃選手、清野茂樹アナウンサーらとともに、“ファンが選ぶ今年のMVP !!”、“選手が選ぶ今年のベストバウト!&M VP !!”、“大解剖!イッテンヨ全カード“といった盛り沢山のテーマで2時間語り尽くした特別番組「もうすぐイッテンヨン!新日本プロレス大忘年会」は、新日本プロレスワールド(→ https://njpwworld.com/p/o_original_0008_335 )とAbemaTV(→ https://gxyt4.app.goo.gl/h5o7a )でアーカイブ試聴できるので、見逃した方は今からでもチェックしよう!

SiM “LiON'S DEN” 〜新日本プロレス×SiM「WRESTLE KINGDOM13 in 東京ドーム」コラボMV
https://youtu.be/yp1YRtRVrYg


【コメント】
小学生の頃からずっとプロレスファン。中でも新日本プロレスへの想いはやはり特別だ。バンドとプロレスラー、どちらを目指すか本気で悩んだ時期もあった。Team NJPW会員でもあり、チケット買ってしょっちゅう試合観戦もしている。そんな自分にとって、今回の一件はまさに恐悦至極。プロレスを心から愛する人間にしか作れない曲を、イッテンヨン、そしてワールドプロレスリングに捧げます。マイライフイズレスリング!人生は、プロレスだ。(MAH from SiM)

【タイアップ情報】
①「バンドリ! ガールズバンドパーティ! presents WRESTLE KINGDOM 13 in 東京ドーム」テーマソング


◆大会 バンドリ! ガールズバンドパーティ! presents WRESTLE KINGDOM 13 in 東京ドーム
◆日時 2019年1月4日(金) 開場15:00 開始17:00
◆会場 東京ドーム
◆アクセス 東京都文京区後楽1-3-61 TEL:03-5800-9999
※JR中央総武線「水道橋」駅より徒歩7分 ※地下鉄三田線「水道橋」駅より徒歩5分
※地下鉄丸ノ内線・南北線「後楽園」駅より徒歩7分
◆主催 新日本プロレスリング株式会社
◆後援 tv asahi
◆協賛 B&Sパートナーズ㈱、㈱吉野家、㈱わかさ生活、㈱保険見直し本舗、
㈱ローソンエンタテインメント、㈱新日本地所、濱かつ、JRA
◆入場料金(消費税込み)
ロイヤルシート (特典付) 50,000円 SOLD OUT
アリーナA 22,500円(当日23,000円) SOLD OUT
アリーナB 12,500円(当日13,000円) SOLD OUT
1Fスタンド 9,500円(当日10,000円)
バルコニースタンド 10,500円(当日11,000円) SOLD OUT
2FスタンドA 7,500円(当日 8,000円)
2FスタンドB 4,500円(当日 5,000円)
小中高生 3,000円(当日のみ/要身分証明書)
※車椅子でご観戦の方は、「1Fスタンド」をお買い求めください。
◆チケット発売中
ローソンチケット 0570-000-732  http://l-tike.com/njpw
ローソン店頭ロッピー、ミニストップ店頭ロッピー
チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード 594000) http://w.pia.jp/t/njpw/
ぴあカウンター、セブンイレブン各店
イープラス http://eplus.jp/njpw/
ファミリーマート各店(店内Famiポート)
前売り.com http://maeuri.com
<東京> 03
闘魂SHOP水道橋店 3511-9901
後楽園ホール5階事務所  5800-9999
書泉グランデ 3295-0011
書泉ブックタワー 5296-0051
BACK DROP 3255-8701 http://www.B-DROP.com
チャンピオン 3221-6237
<横浜市> 045 
プロレス道場 713-9674 http://pwdojo.com

◎お問い合わせ:新日本プロレスリング株式会社 https://www.njpw.co.jp

②テレビ朝日系「ワールドプロレスリング」12・1月ファイティングミュージック

◆番組 テレビ朝日系「ワールドプロレスリング」
毎週土曜26:00~26:30放送

◆全国放送日一覧
EX(テレビ朝日) (土) 26:00〜26:30 基準
HTB(北海道テレビ放送) (土) 26:05〜26:35 5週遅れ
ABA(青森朝日放送) (木) 26:00〜26:30 5日遅れ
KHB(東日本放送) (土) 26:05〜26:35 2週遅れ
IAT(岩手朝日テレビ) (土) 26:00〜26:30 4週遅れ
AAB(秋田朝日放送) (日) 25:55〜26:25 8日遅れ
YTS(山形テレビ) (日) 25:50〜26:20 1か月遅れ
KFB(福島放送) (土) 26:00〜26:30 遅れなし
UX(新潟テレビ21) (木) 26:00〜26:30 5日遅れ
abn(長野朝日放送) (日) 24:55〜25:25 8日遅れ
SATV(静岡朝日テレビ) (日) 25:55〜26:25 5週遅れ
HAB(北陸朝日放送) (土) 26:05〜26:35 3週遅れ
メ〜テレ(名古屋テレビ放送) (土) 27:15〜27:45 1週遅れ
ABC(朝日放送テレビ) (月) 26:39〜27:09 2日遅れ
HOME(広島ホームテレビ) (木) 26:35〜27:05 5日遅れ
yab(山口朝日放送) (土) 26:05〜26:35 2週遅れ
KSB(瀬戸内海放送) (日) 25:55〜26:25 8日遅れ
eat(愛媛朝日テレビ) (日) 26:00〜26:30 15日遅れ
KBC(九州朝日放送) (土) 27:26〜27:56 1週遅れ
NCC(長崎文化放送) (日) 26:30〜27:00 8週遅れ
KAB(熊本朝日放送) (水) 26:20〜26:50 11日遅れ
OAB(大分朝日放送) (土) 26:35〜27:05 2週遅れ
KKB(鹿児島放送) (土) 26:00〜26:30 1週遅れ
QAB(琉球朝日放送) (月) 25:25〜25:55 9日遅れ
KUTV(テレビ高知) (日) 24:55〜25:25 22日遅れ

◆番組オフィシャル・サイト http://www.tv-asahi.co.jp/wrestling/

【SiM公演情報】
SiM 15th ANNIVERSARY CLASSiCKS TOUR


2019年
1/12(土) ZEPP SAPPORO OPEN 17:00/START 18:00
1/27(日) ZEPP FUKUOKA OPEN 18:00/START 19:00
1/29(火) ZEPP OSAKA BAYSIDE OPEN 18:00/START 19:00
2/1(金) ZEPP DIVERCITY OPEN 18:00/START 19:00
2/2(土) ZEPP DIVERCITY OPEN 18:00/START 19:00
2/10(日) ZEPP NAGOYA OPEN 18:00/START 19:00

TICKET:¥4,300-(tax in) ※1ドリンク別、入場整理番号付
オフィシャルApp先行(抽選) 10/5(金)20:00~10/14(日) 23:59
一般発売日:12/15(土)10:00
注意事項:未就学児童入場不可。

 

 

 

[ RELEASE INFORMATION ]
「LiON'S DEN」~「バンドリ! ガールズバンドパーティ! presents WRESTLE KINGDOM 13 in 東京ドーム」テーマソング~
~テレビ朝日系「ワールドプロレスリング」12・1月ファイティングミュージック~
「LiON'S DEN」
iTunes、レコチョク、Apple Music、LINE MUSICほか主要配信サイト配信中!
https://umj.lnk.to/LiONSDENDL

iTunes

 

【PROFILE】
NAME : SiM (Silence iz Mine)
MEMBER : SIN (シン, Ba) / MAH (マー, Vo) / GODRi (ゴリ, Dr) / SHOW-HATE (ショウヘイト, Gt)
FORMED : Shonan, Kanagawa, Japan in 11/03/2004
STYLE : REGGAE PUNK (HARD CORE PUNK / NU-METAL meets SKA / REGGAE)
LABEL : EMI RECORDS (UNIVERSAL MUSIC JAPAN)
MANAGEMENT : gil soundworks

「極悪な轟音かつ難解でキャッチー」という究極の矛盾を成立させる湘南出身の4人組レゲエパンクバンド。

ハードコアパンク・ニューメタルとレゲエ、スカという対局に位置する音楽を独特のポップセンスで自在にミックスしたサウンド、攻撃的で反骨心溢れつつも言葉遊びを巧みに組み込んだ歌詞とクセのあるフックラインが特徴。また独特の出で立ちと佇まい、抜群の求心力で瞬時にオーディエンスの心を掌握しタクトを振る姿でファンや他アーティストから「悪魔」と形容されるほどのカリスマ性を持つMAH、正確無比のテクニックを持つ上に楽器を振り回し、ステージを所狭しと駆け巡るSHOW-HATE、SINの弦楽器隊、骨太かつタイトなグルーヴとコーラスワークで屋台骨を支えるGODRiのドラムプレイが組み合わさる爆発的ライブパフォーマンスはもはや圧巻である。

MAH曰く「ライブハウスで生まれ、ライブハウスで育ち、ライブハウスで死んでいくバンド」としながらも日本武道館や横浜アリーナでの大箱単独公演をソールドアウトさせ、1万人規模の野外フェス「DEAD POP FESTiVAL」の主催、また全国各地の大型野外ロックフェスでヘッドライナーを務めるなど名実共にロックシーンを「内側からぶっ壊す」存在にまで昇り詰めたSiM。

幾度のメンバーチェンジや重病、所属レーベルからの解雇など度重なる試練を乗り越えライブバンドとしての地位を確立した彼らにもはや死角などない。

04年 MAH、初期メンバーと神奈川・湘南にてSilence iz Mine結成
05年 バンド名の頭文字を取りSiMに改名
06年 SHOW-HATE加入
08年 1st Al「Silence iz Mine」にてデビュー
09年 SIN、GODRiが加入
10年 渋谷Club Asiaにて「DEAD POP FESTiVAL」を初開催。(以後現在まで毎年一回開催中)
11年 gil soundworksへ事務所移籍後発表した2nd Al「SEEDS OF HOPE」がスマッシュヒット。
12年 mini Al「LiFE and DEATH」オリコン初登場9位を記録。「Amy」のMVでMAHが見せたツーステップをキッズ達がこぞって真似をする異常事態となり、現在ではSiMのみならず様々なライブ会場でのダンスの定番となった。同年発売の1st DVD「DUSK and DAWN」もオリコン3位を記録。盟友coldrain、HEY-SMITHと共に3マンイベント「TRIPLE AXE」を始動。
13年 メジャーレーベル10社以上が競合した末ユニバーサルミュージックとの契約を発表。Sg「EViLS」、3rd Al「PANDORA」発売。
14年 結成10周年を迎え、オリコン音楽チャート1位となった2nd DVD「10 YEARS」を発売。
15年 神奈川県川崎市東扇島にて「DEAD POP FESTiVAL」野外開催を開始。ド派手な演出とセンターステージ、ダイブモッシュの解禁、エリアによるチケット代の変動制、更に”最初で最後”と銘打つライブバンドとしては前代未聞尽くめの日本武道館公演を開催。
16年 4th Al「THE BEAUTiFUL PEOPLE」発売。全国26公演+ファイナルの横浜アリーナ単独公演の全てを即日完売させる。
17年 3rd DVD「DEAD MAN WALKiNG」発売。9月、神戸ワールド記念ホールにて大箱での対バンイベント「THE EYEWALL NiGHT」を始動。12月、PlayStation®4専用ソフトウェア『龍が如く 極2』テーマ曲/「エンディング曲である7th Sg「A/The Sound Of Breath」発売。
18年 エリア別の小箱ツアーを東海・中部、東北、中国、関西地区にて開催。

■HOST EVENT
DEAD POP FESTiVAL (http://DEADPOPFEST.com) (2010-present)
TRIPLE AXE (http://tripleaxetour.com) (2012-present)
THE EYEWALL NiGHT(http://theeyewallnight.com) (2017-present)

【LINK】
SiM Official HP  http://sxixm.com
SiM Official Twitter  https://twitter.com/SiM_Official

2018/12/13-17:55:00

facebook
twitter

J-ROCK NEWS

More Music News...

J-ROCK PICKUP

  • 邦楽Pick Up
  • 洋楽Pick Up

MORE PICKUP...