竹内まりや

「souvenir the movie ~Mariya Takeuchi Theater Live~」上映決定! デビュー40周年を記念し、過去3度に渡って行われた貴重なライブ映像が初映画化!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr
  • LINEで送る


「souvenir the movie ~Mariya Takeuchi Theater Live~」上映決定!
「お久しぶり、まりや!」
デビュー40周年を記念し、過去3度に渡って行われた貴重なライブ映像が初映画化!

竹内まりや
竹内まりや
 2018年11月25日にデビュー40周年を迎える、シンガーソングライター竹内まりや。デビュー当時から数多くのヒットに恵まれ華々しい活躍をするも、山下達郎との結婚を機にいったんは休業を決意。その後、活動の軸足を変え、作詞家・作曲家として河合奈保子、薬師丸ひろ子、中山美穂、中森明菜などの女性アイドルや人気シンガーに楽曲を提供、数々のヒット曲を出してきた。

 2000年、結婚以来、実に18年ぶりにファンの前に姿を現した竹内は、「TOKYO FM/fm osaka 開局30周年記念コンサート」と銘打った、日本武道館、大阪城ホールでのライブに出演した。そのライブの様子は、同年11月に「souvenir~Mariya Takeuchi Live~」というタイトルで竹内まりや唯一のライブ・アルバムとしてリリースされ、ファンの間では長く伝説のライブとして語り継がれてきた。以来、多くのファンから映像の公開が待ち望まれていたものの、これまではそのごく一部を垣間見ることができるのみであった。

 2018年、竹内まりやデビュー40周年の記念の年を迎えるにあたり、これまでライブ音源で知るしかなかった18年ぶり伝説のライブ「souvenir」、さらには2010年の「souvenir again」、2014年、33年ぶりの全国ツアーとして大きな話題となった「souvenir2014」という、いずれもチケット入手が極めて困難であったライブの映像からベストシーンの初映画化が決定。メディアにはほとんど登場しない竹内まりやの貴重なライブ映像+αを堪能できる、まさにファン待望・垂涎の内容となることは間違いない。

 また、この映画の発表を機に、今回の映画のために行ったロケで撮影した、最新アーティスト写真も初公開された。映画「souvenir the movie ~Mariya Takeuchi Theater Live~」の公開は、竹内まりや40th Anniversary year のスタートを華やかに飾ることとなるだろう。

【作品詳細】
souvenir the movie ~Mariya Takeuchi Theater Live~
2018年11月23日(金)〜12月7日(金)
全国で期間限定ロードショウ


竹内まりや スペシャルサイト
https://wmg.jp/mariya

【参考】
★2000年
TOKYO FM/fm osaka 開局30周年記念コンサート
7月11日 日本武道館
7月12日 日本武道館
7月31日 大阪城ホール

★2010年
ケンタッキーフライドチキン Presents TOKYO-FM/FM OSAKA 開局40周年記念スペシャル
『souvenir again』 竹内まりや LIVE 2010
12月3日 日本武道館
12月4日 日本武道館
12月21日 大阪城ホール
12月22日 大阪城ホール

★2014年
ケンタッキーフライドチキン Presents 『souvenir 2014』 竹内まりや LIVE supported by JAPAN FM NETWORK
11月22日 広島グリーンアリーナ
11月23日 広島グリーンアリーナ
11月29日 ゼビオアリーナ仙台
12月4日 真駒内セキスイハイムアイスアリーナ
12月9日 マリンメッセ福岡
12月13日 大阪城ホール
12月14日 大阪城ホール
12月20日 日本武道館
12月21日 日本武道館

 

 

[ RELEASE INFORMAITON ]
竹内まりや 『REQUEST -30th Anniversary Edition-』竹内まりや
『REQUEST -30th Anniversary Edition-』
11月22日発売
価格:¥2,200(本体)+税  WPCL-12756


すべてがスタンダード。奇跡の名盤!
1987年発表、7枚目のアルバム。「恋の嵐」、「時空の旅人」、「夢の続き」といったオリジナル作品のシングル楽曲に加え、「元気を出して」(薬師丸ひろ子)、「駅」(中森明菜)、「けんかをやめて」(河合奈保子)、「色・ホワイトブレンド」(中山美穂)など、他アーティストへの提供曲でありながら、今やJ-POPクラシックスとして名高いナンバーを収録。全曲名曲の奇跡のアルバム。
今作は最新デジタル・リマスターにとどまらず、「テコのテーマ」のシングル・ヴァージョン、「夢の続き」の'89 CDシングル・ミックス、さらには「時空の旅人」となる曲のオリジナル・ヴァージョンである「GOOD BYE」(未発表)など充実したボーナストラックに加え、山下達郎による解説入り、まさに決定盤「リクエスト」だ!

※オリジナル発売:1987年8月12日

<収録楽曲>
01.恋の嵐
02.OH NO, OH YES! (Written for 中森明菜 in 1986)
03.けんかをやめて(Written for 河合奈保子 in 1982)
04.消息
05.元気を出して(Written for 薬師丸ひろ子 in 1984)
06.駅(Written for 中森明菜 in 1986)
07.TEKO'S THEME
08.色・ホワイトブレンド(Written for 中山美穂 in 1986)
09.夢の続き
10.時空(とき)の旅人
<Bonus Tracks>
11. TEKO'S THEME(Single Version)
12. 夢の続き('89 CD Single Mix)
13. Good Bye (Previously Unreleased)
14. 恋の嵐 (Karaoke)
15. 元気を出して (Karaoke)
16. 駅 (Karaoke)

 

【竹内まりや PROFILE】
1978年11月、シングル「戻っておいで・私の時間」でデビュー。「September」「不思議なピーチパイ」などがヒット。結婚後は作家としても「元気を出して」「駅」など多くの作品を他アーティストに提供しながら、1984年に自らもシンガーソングライターとして活動を再開。以降、独自のスタンスで音楽活動を続けている。1994年のベスト・アルバム『Impressions』が350万枚の大ヒットを記録し、その後も『Quiet Life』『Bon Appetit!』とミリオンセラー・アルバムを発表。デビュー30周年の2008年にリリースしたコンプリート・ベスト・アルバム『Expressions』 もミリオンを達成している。2014年に発表したアルバム『TRAD』は、第56回日本レコード大賞「最優秀アルバム賞」を受賞。また、33年ぶりとなる6都市9公演の全国ツアーも行い、約75,000人を動員した。2015年、「第6回 岩谷時子賞」を受賞。これまでに発表してきたたくさんの楽曲が、今でも世代を超えて多くの人々の支持を得ている。2018年11月にデビュー40周年を迎えることとなる。

2018/06/21-14:53:00

facebook
twitter

J-POP NEWS

More Music News...

J-POP PICKUP

  • 邦楽Pick Up
  • 洋楽Pick Up

MORE PICKUP...