【NEWS】

藤澤ノリマサ・松下優也らゲスト出演決定! 恩田陸原作「蜜蜂と遠雷」より「ひかりを聴け」オーケストラコンサート~コトダマの音楽会PartⅡ~
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr
  • LINEで送る


藤澤ノリマサ・松下優也らゲスト出演決定!
恩田陸原作「蜜蜂と遠雷」より
「ひかりを聴け」オーケストラコンサート ~コトダマの音楽会PartⅡ~

藤澤ノリマサ・松下優也らゲスト出演決定! 恩田陸原作「蜜蜂と遠雷」より 「ひかりを聴け」オーケストラコンサート ~コトダマの音楽会PartⅡ~



 直木賞・本屋大賞を受賞した恩田陸原作「蜜蜂と遠雷」コンサートシリーズ第二弾“「ひかりを聴け」オーケストラコンサート~コトダマの音楽会partⅡ~”のゲスト出演者が決定。日替わりゲストとして5月17日(木)に藤澤ノリマサ、5月18日(金)に松下優也が出演する。

 本コンサートは、若きソリスト(音楽家)たちが奏でる歌と言葉、そして音をまるで旋律のように組み合わせた新しい形のシンフォニーによる音楽会。中川晃教、三浦大知、木村優一らアーティストたちが、東京フィルハーモニー、ピアニストによる演奏で歌声を響かせ、千住 明が音楽監督・オーケストラ演奏の指揮を務める。

 今年1月に上演された第一弾では、「蜜蜂と遠雷」が創りだした言葉の数々を歌と朗読で表現しながら、その旋律を立体的にピアノとオーケストラで表現し、大好評を博した。今回はその第二弾として、特に美声に定評のある中川晃教、三浦大知、木村優一、さらに藤澤ノリマサ、松下優也らゲストアーティストによる、歌を中心としたオーケストラ・コンサートpartⅡとして誕生。蜜蜂と遠雷の作品から生まれた、月の光・あなたが欲しい(サティ)・アベマリア・ひかりを聴けや出演アーティストの楽曲によるオーケストラコンサートとなる。

 「ひかりを聴け」オーケストラコンサートは、2018年5月17日(木)・18日(金)、東京・Bunkamura オーチャードホールにて上演する。最新情報は、公式HPにて随時公開予定。引き続きご注目を。

<蜜蜂と遠雷とは>
第156回直木三十五賞、第14回本屋大賞を受賞した恩田陸による名作。舞台は3年ごとに開催される芳ヶ江国 際ピアノコンクール。そこには数多くの天才たちによって繰り広げられる競争、そして自らとの闘いがあった。人間の才能と運命、そして音楽を描き切った青春群像小説。


<「ひかりを聴け」オーケストラコンサート ~コトダマの音楽会 partⅡ~ 概要>
【タイトル】 直木賞・本屋大賞受賞 恩田陸「蜜蜂と遠雷」より
「ひかりを聴け」オーケストラコンサート ~コトダマの音楽会PartⅡ~
【日時】2018年5月17日(木)18:30開演・18日(金)18:30開演 ※開場は開演の45分前
【会場】Bunkamuraオーチャードホール
【出演】中川晃教 三浦大知 木村優一
日替わりゲスト 5月17日(木):藤澤ノリマサ / 5月18日(金):松下優也
【指揮・音楽監督】千住 明 【管弦楽】東京フィルハーモニー交響楽団
【席種】S席:9,000円(税込)A席5,800円(税込)※未就学児童入場不可
【チケット】各種プレイガイド、オフィシャルHP先行販売受付中!!
【原作】直木賞・本屋大賞受賞 恩田陸「蜜蜂と遠雷」演出:藤沢浩一
【構成】モトイキ シゲキ
【企画協力】幻冬舎
【主催・企画・製作】「ひかりを聴け」オーケストラコンサート製作実行委員会/公益財団法人 東京フィルハーモニー交響楽団
【お問い合わせ】サンライズプロモーション東京 0570-00-3337(全日10:00~18:00)
【HP】 http://www.concert-mitsubachitoenrai.com
【Twitter】@MitsubachiEnrai

 

<出演者プロフィール>

中川晃教
中川晃教2001年8月1日、自身が作詞作曲をした「I WILL GET YOUR KISS」でデビュー。同曲にて第34回日本有線大賞新人賞を受賞。02年、日本初演となるミュージカル「モーツァルト!」の主役に抜擢、 以降音楽活動と並行し俳優としても活動を開始。近年の主な出演作品として「抜目のない未亡人」(三谷幸喜演出)、「グランドホテル」(トム・サザーランド演出)、「フランケンシュタイン」(板 垣恭一演出)等。2016年に主演を務めたミュージカル「ジャージー・ボーイズ」では第24回読売演劇大賞最優秀男優賞、第42回菊田一夫演劇賞を受賞。2018年6月「『銀河鉄道999』~GALAXY OPERA~」星野鉄郎役で出演決定。9月より「ジャージー・ボーイズ」再演が控える。



三浦大知
三浦大知1987年8月24日生まれ、沖縄県出身。Folder のメインボーカルとして1997年にデビュー。2005年3月にシングル「Keep It Goin‘ On」でソロ・デビュー。天性の歌声とリズム感、抜群の歌唱力と世界水準のダンスで人々を魅了し、コレオグラフやソングライティング、楽器も操るスーパーエンター テイナー。2012年に日本武道館、2013年に横浜アリーナ、2017年には国立代々木競技場第一体育館にて単独公演を大成功させ、ライブの規模も年々拡大させている。2018年1月31日にはワンマンでは初となる大阪城ホール公演、2月14日・15日には2daysでは初となる日本武道館公演の開催。3 月7日にリリースしたベストアルバム「BEST」が自身初のオリコン週間アルバムランキング1位を獲得した。



木村優一
木村優一1983年熊本県生まれ。東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。聖徳大学大学院博士前期課程修了。2014 年12月サントリーホールブルーローズにて東京ヴィヴァルディ合奏団クリスマスコンサートにゲスト 出演。続く2015年4月第一生命ホールの同団定期演奏会にてペルゴレージ作曲スタバト・マーテルのソプラノ・ソロでもゲスト出演し高い評価を得る。2016年1月東京芸術劇場コンサートホールにてG・Dream21レディースオーケストラパフォーマンスコンサート、同年7月、東京FM主催『第1回 中島啓江メモリアルオペレッタ喜歌劇こうもり』にソリストとしてゲスト出演する。2016年8月24 日クラウンレコードよりCDアルバム「MY WORLD~奇跡の声~」でデビュー。また、アーティスト活動と並行して音楽を通じた社会貢献活動もしている。



藤澤ノリマサ(5月17日(木)ゲスト)
藤澤ノリマサ(5月17日(木)ゲスト)1983年3月8日生まれ、北海道出身。「ポップス」と「オペラ」を融合した「ポップオペラ」という スタイルを提唱するヴォーカリスト。武蔵野音楽大学を卒業後、08年『ダッタン人の踊り』でデビュー。全国各地で100本を越えるインストアイベントを行い、ライブでは、ヴォーカリストとしての存在感と圧巻のパフォーマンスで見る者を圧倒する。2017年12月には東京・大阪で「藤澤ノリマサ CONCERT 2017~Overture~」を開催し、2018年2月、東京公演のライヴBlu-ray/DVDが発売された。最近ではNHK「歌謡コンサート」「うたコン」、CX「水曜歌謡祭」「MUSIC FAIR」「FNS歌謡祭」などに出演し、あらゆるジャンルの楽曲を披露している。



松下優也(5月18日(金)ゲスト)松下優也(5月18日(金)ゲスト)
1990年5月24日生まれ、兵庫県出身。2008 年11 月、18歳にしてシングル「foolish foolish」でメジャーデビュー。2015年、ボーカル&ダンスグループ「X4(エックスフォー)」としてデビュー し、2016年にはメジャー1st Album「Funk,Dunk,Punk」をリリース。オリコン週間アルバムランキングで10位を記録した。俳優としても活動し、NHK朝の連続ドラマ「べっぴんさん」(2016年) などの人気作に出演。そしてBroadway Musical 『IN THE HEIGHTS』(2014年)、舞台『暁のヨナ』(2016年)では主演を務めるなど、絶大な支持を得ている。



指揮・音楽監督:千住 明
指揮・音楽監督:千住 明1960年東京生まれ。作曲家。東京藝術大学作曲科卒業。同大学院首席修了。代表作にピアノ協奏曲「宿命」(ドラマ「砂の器」劇中テーマ曲)「四季」「日本交響詩」「カレンダー組曲」、オペラ「隅田川」「万葉集」「滝の白糸」等。ドラマ「ほんまもん」「風林火山」、映画「追憶」他、テレビ、 映画、アニメ、CM等数多くの映像音楽も担当。受賞歴多数。メディアへの出演も多く、NHK「日曜美術館」のキャスターもつとめた。東京藝術大学特任教授。東京音楽大学特別招聘教授。



管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団1911年創立、日本のオーケストラとして最古の歴史をもち、メンバー約130名、シンフォニーオーケストラと劇場オーケストラの両機能を併せもつ。定期演奏会などの自主公演、新国立劇場他でのオペラ・バレエ演奏、NHK他での放送演奏、教育プログラムなどの国内活動をはじめ、海外公演でも高 い評価を得ている。

2018/04/18-14:50:00

facebook
twitter

クラシック NEWS

More Music News...