高橋 悠治

79歳のクラシック・ピアノ界のレジェンド 高橋 悠治、40年ぶりの再録音となる「サティ 新・ピアノ作品集」9月20日発売
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr
  • LINEで送る


79歳のクラシック・ピアノ界のレジェンドがサティ名曲群に向き合う
高橋 悠治、40年ぶりの再録音となる「サティ 新・ピアノ作品集」9月20日発売

高橋 悠治
高橋 悠治
 今年79歳を迎え、クラシック界のみならず、ポピュラーミュージックやジャズの領域でも多大なるリスペクトを受けているピアノ界のレジェンド、高橋悠治がフランスの作曲家、エリック・サティのピアノ作品を40年ぶりに再録音してリリースすることが発表された。

 リリースするのは日本コロムビアのDENONレーベル。高橋は1970~80年代にかけて同レーベルに数多くの録音をのこしており、中には高橋を敬愛する坂本龍一との連弾の録音なども残されていた。76~80年にはサティの作品集を3枚リリースし、80年代のサティブームを牽引する名盤として今なお広く知られている。今回の新作品集は、それから実に約40年ぶりの再録音となり、コロムビアとの録音も80年代以来の久々のレコーディングとなった。

 収録曲は「ジムノペディ」や「グノシエンヌ」「ジュ・トゥ・ヴ」など、エリック・サティのもっとも広く知られている曲を集めたもの。有名曲・無名曲の垣根なく、常に思索と示唆に富んだアルバムを継続的にリリースしている高橋としては、異例のオーソドックスな選曲のアルバムとなっている。さらに、サティのロマンティックなボーカル曲「3つの歌曲」を高橋自らピアノソロ用に編曲したものが各曲の間に挿入されている。

 レコーディングは細心のマイクセッティングにより実現した”ワンポイント録音“が採用され、高橋の繊細なタッチを、混ざり気のないピュアなサウンドでありのままに録音することに成功。高音質のUHQ-CDでのリリースが予定されている。

 本日、高橋の新しいアーティスト写真とともに、この作品集のレコーディング風景の一部が収録された映像も公開。最新の高橋の演奏姿が見られる貴重な映像だ。

【Yuji Takahashi: ERIK SATIE Teaser Trailer】
https://www.youtube.com/watch?v=KVnxU7yJ9dQ

 

 

 

[ RELEASE INFORMATION ]
高橋悠治|エリック・サティ 新・ピアノ作品集
2017年9月20日発売 UHQ-CD
COCQ-85373 ¥3,000 +税


【収録曲】
・ジムノペディⅠ-Ⅱ-Ⅲ  Gymnopédies Ⅰ-Ⅱ-Ⅲ
・3つの歌曲より「天使たち」 3 Mélodies ~Ⅰ.Les Anges
・グノシエンヌⅠ-Ⅱ-Ⅲ-Ⅳ-Ⅴ-Ⅵ-Ⅶ  Gnossiennes Ⅰ-Ⅱ-Ⅲ-Ⅳ-Ⅴ-Ⅵ-Ⅶ
・3つの歌曲より「悲歌」 3 Mélodies ~Ⅱ. Élégie
・サラバンドⅠ-Ⅱ-Ⅲ Sarabandes Ⅰ-Ⅱ-Ⅲ
・3つの歌曲より「シルヴィア」  3 Mélodies ~Ⅲ. Sylvie
・ノクチュルヌⅠ-Ⅱ-Ⅲ-Ⅳ-Ⅴ-Ⅵ Nocturnes Ⅰ-Ⅱ-Ⅲ-Ⅳ-Ⅴ-Ⅵ
Bonus track
・ジュ・トゥ・ヴ Je te Veux

収録: 2017年6月20~21日 五反田文化センター 音楽ホール

 

【プロフィール】
高橋悠治 YUJI TAKAHASHI

1938年 東京に生まれる。柴田南雄、小倉朗に作曲を師事。
1960年 一柳慧、小林健次と「ニュー・ディレクション」を結成。この年東京現代音楽祭にピアニストとしてデビューする。
1962年 クセナキスの《ヘルマ》初演(東京)。
1963〜66年 ヨーロッパに在住、ヤニス・クセナキスに協力。この間ピアニストとして「ドメーヌ・ミュージカル」に出演など活躍する。
1966年 クセナキス《エオンタ》を演奏したレコード(仏、シャン・デュ・モンド)がADFディスク大賞を受賞。
1966年 ニューヨークに拠点を移す。バークシャー音楽祭、タングルウッド現代音楽祭に数多く出演。ニューヨーク・フィルなどのソリストとしての活動も多 数。ピアニストとして活動する一方、コンピューターを使用して作曲を行う。
1971年 帰国。
1973年 作曲家グループ「トランソニック」を組織し、同名の季刊誌を12号編集。
1978〜85年 「水牛楽団」を組織してアジアの抵抗歌を演奏。多年コンピューターを使用した演奏と他の音楽家との即興を続け、最近では日本の伝統楽器と声のための作品も多い。
1976年 画家・富山妙子とともにスライドと音楽による物語作品の製作を開始。また詩人・藤井貞和とは1995年以来コラボレーションをつづけ、2000年に劇場作品「泥の海」を上演。
2002年 コンピューターによる音響作品の制作を始める。平凡社から「高橋悠治/コレクション1970年代 「音の静寂・静寂の音」、福音館から富山妙子 との共作CD付絵本「けろけろころろ」が刊行されている。

【高橋悠治コロムビアofficial】
http://columbia.jp/artist-info/takahashiyuji/

2017/07/18-19:16:00

facebook
twitter

クラシック NEWS

More Music News...