2CELLOS

最新映像「シンドラーのリスト」公開!いよいよ5月来日迫る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr
  • LINEで送る


2CELLOS、最新映像「シンドラーのリスト」公開!いよいよ5月来日迫る!

2CELLOS クレジット:Roger Rich
2CELLOS
クレジット:Roger Rich
 2本のチェロによる超絶演奏で世界を魅了するクロアチア出身チェロ・デュオー2CELLOS(読み:トゥー・チェロズ)。最新アルバム『スコア』から本日、「シンドラーのリスト」の新作映像が公開された。

(動画リンク)
https://youtu.be/lDH1XN-RL5w

全世界40カ国のiTunesクラシカル・アルバム・チャートで1位を記録した最新アルバム『スコア』。本日、アルバムから4本目となる「シンドラーのリスト」のミュージックビデオが公開された。今回の新着映像は映画「シンドラーのリスト」の美しくも悲しいテーマ曲。1993年公開の、ホロコーストにまつわる感動秘話を描いたスティーヴン・スピルバーグ監督作品で、第66回アカデミー賞では作品、監督、撮影、作曲、美術、編集の7部門で受賞した名作だ。今年85歳となった巨匠ジョン・ウィリアムズが書き下ろしたテーマ曲のオリジナルはヴァイオリンの名手イツァーク・パールマンが演奏し、アカデミー作曲賞を受賞している。

 「映画音楽は歌詞がなくても世界観が伝わってくるため 感情に直接訴えかける力がとてつもない」とルカが語っている通り、いつもの激しさ溢れる演奏は封印されているものの、心奥底まで響きわたる限りなく深い音色が印象的だ。この新作ミュージックビデオは昨年9月、クロアチアにある工場跡地で撮影された。映像監督は、これまでも「モンバサ」や「チェロヴァース」「ゲーム・オブ・スローンズ」のミュージック・ビデオを撮影した同郷のダルコ・ドリノヴァク(Darko Drinovac)。

 2011年のデビュー以来これが4枚目となる最新作『スコア』では、映画音楽をテーマに名門ロンドン交響楽団との共演を果たしている。日本で2月22日、全世界で3月17日にリリースされ、すでに「ゲーム・オブ・スローンズ・メドレー」、「ムーン・リヴァー」、映画「グラディエーター」テーマ曲の映像が公開中。アルバム収録全曲のミュージック・ビデオを制作し、これから毎月1本のペースで公開していく予定だ。現在新作をひっさげてのツアー中で、3月22日には、ビートルズも演奏したロンドンの老舗ホール=パラディアムでの発売記念ライヴで大成功をおさめている。9月にはニューヨークのラジオシティホールで、11月にはロイヤル・アルバート・ホールでのライヴが決定している。

 そしていよいよ5月、2年ぶりの単独公演のため来日する。5月10日大阪フェスティバルホールと5月23日東京国際フォーラム ホールAがソールドアウトとなったため東京と大阪で追加公演が発表された。来日は昨年7月のフジロックフェスティバル以来となるが、5度目の全国ツアーは札幌から広島まで7都市9公演で行われる。

<2CELLOS来日公演日程>
招聘:ウドー音楽事務所
5/10(水)  【大阪公演】フェスティバルホール
5/11(木)  【大阪追加公演】 フェスティバルホール
5/12(金)  【広島公演】広島国際会議場 フェニックスホール
5/15(月)  【名古屋公演】名古屋国際会議場 センチュリーホール 
5/16(火)  【仙台公演】仙台サンプラザホール      

5/18(木)  【函館公演】函館市民会館 
5/19(金)  【札幌公演】ニトリ文化ホール
5/22(月) 【東京追加公演】東京ドームシティホール
5/23(火)  【東京】東京国際フォーラム ホールA

詳しくはこちら
http://udo.jp/Artists/2Cellos/index.html

【リンク】
日本オフィシャル:http://www.sonymusic.co.jp/2cellos/
日本公式Twitter:https://twitter.com/2cellos_japan

 

 

 

[ RELEASE INFORMATION ]
●2CELLOS 『スコア』
2CELLOS 『スコア』2月22日(水)日本先行発売
SICP31122 ¥2500+税 高品質Blu-spec CD2仕様


iTunes


<収録曲>   
01.「ゲーム・オブ・スローンズ」メドレー 作曲:ラミン・ジャワディ
02.メイ・イット・ビー (「ロード・オブ・ザ・リング」) 作曲:エンヤ、ローム・ライアン、ニッキー・ライアン
03.フォー・ザ・ラヴ・オブ・ア・プリンセス(「ブレイブハート」) 作曲:ジェームズ・ホーナー
04.ある愛の詩  作曲:フランシス・レイ
05.ニュー・シネマ・パラダイス  作曲:エンニオ・モリコーネ
06.ムーン・リヴァー(「ティファニーで朝食を」)作曲:ヘンリー・マンシーニ 
07.ゴッドファーザーのテーマ  作曲:ニーノ・ロータ
08.マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン  作曲:ジェームズ・ホーナー
09.レインマンのテーマ  作曲:ハンス・ジマー
10.カヴァティーナ(「ディア・ハンター」) 作曲:スタンリー・マイヤーズ
11.マレーナ  作曲:エンニオ・モリコーネ
12.「シンドラーのリスト」メイン・テーマ  作曲:ジョン・ウィリアムズ
13.「炎のランナー 」よりタイトルズ 作曲:ヴァンゲリス
14.ナウ・ウィ・アー・フリー(「グラディエーター」) 作曲:ハンス・ジマー、リサ・ジェラード
15 『M21-許し forgiveness』坂本龍一 feat. 2CELLOS(映画『怒り』より)作曲:坂本龍一 ※日本盤ボーナス・トラック

演奏:ロビン・スミス指揮ロンドン交響楽団

 

 

【バイオグラフィー】
”2本のチェロでロックする“2CELLOS(読み:トゥー・チェロズ)は、クロアチア出身のルカ・スーリッチ(1987/8/25-)とステファン・ハウザー(1986/6/15-)からなるチェロ・デュオ・ユニット。クラシック界で将来を有望視されていた2人が留学先のロンドンで再会し2011年1月20日マイケル・ジャクソンの「スムーズ・クリミナル」を、2本のチェロのみで演奏した自主制作映像をYouTubeにアップ。若き無名のチェリスト2人による超絶・情熱のパフォーマンス映像は、たちまち世界中で話題となり、マネージメントやレーベルからのオファーが殺到する中、ソニー・マスターワークスと契約。同年6月『2CELLOS』でCDデビュー。全米クラシカル・クロスオーヴァー・チャートとアマゾンUSクラシカル・チャートで1位となり、無名の新人としては驚異的なチャートアクションを記録。全米大ヒットTV番組『glee/グリー(シーズン3.~エピソード10:マイケル・ジャクソン・トリビュート ~2012/1/31OA)』にインスト奏者として初めてゲスト出演を果たした。超絶チェロ×渾身のパフォーマンスは更なる進化を遂げ、世界各地でソールド・アウト・ツアーを敢行。2016年7月には20周年を迎えたFUJI ROCK FESTIVAL2016に初出演。また、9月全国公開された坂本龍一書き下ろしによる映画『怒り』の主題曲を演奏し、話題となった。2017年5月、2年ぶりの来日公演が7都市9公演決定している。

【リンク】
日本オフィシャル :http://www.sonymusic.co.jp/2cellos/
日本公式Twitter:https://twitter.com/2cellos_japan

2017/04/25-18:25:00

facebook
twitter

RECENT NEWS

More Music News...

洋楽 PICKUP

  • 邦楽Pick Up
  • 洋楽Pick Up

MORE PICKUP...