MISIA

全長25メートルの巨大キングコブラが出現! 4年ぶり開催のTHE TOUR OF MISIAが大阪城ホールにてセミファイナル公演を終了!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr
  • LINEで送る


MISIA、全長25メートルの巨大キングコブラが出現!
4年ぶり開催のTHE TOUR OF MISIAが
大阪城ホールにてセミファイナル公演を終了!

MISIA 撮影:田中雅也
MISIA
撮影:田中雅也

MISIA 撮影:田中雅也 MISIA 撮影:田中雅也
MISIA 撮影:田中雅也
 MISIAが12th Album「LOVE BEBOP」を引っ提げ、全国12会場17公演にて約4年ぶりとなる”THE TOUR OF MISIA LOVE BEBOP all roads lead to you”を開催。昨日1/29(日)には、大阪・大阪城ホールにてセミファイナル公演を迎えた。

 1999年にスタートしたTHE TOUR OF MISIAは、コンピューターを屈指したデジタルサウンドや芸術的なライティング、そして大規模な演出による圧巻のステージングが印象的なツアーシリーズで、女性ソロ・シンガーとして初めて全国5大ドームツアーを成功させたことでも有名な歴史的ライヴ。本年で12回目の開催となるものの、なんとこのツアーシリーズの開催は今回でラストとなることが発表されており、会場入り口には歴代のCDジャケットがずらっと並べられるなど、来年ついにデビュー20周年を迎える孤高の歌姫の歴史を讃える装飾が施されていた。

 タイトル曲「LOVE BEBOP」のイントロが会場に鳴り響くと、観客はうずくような感覚を抑えられず立ち上がり、4色のネオンカラーに輝くペンライトを振りあげる。幕が開くと同時にステージには白煙が巻き起こり、そこに現れたのはなんと全長25メートルの黄金に輝く二匹の巨大キングコブラ!! MISIAが「Make Some Noise!」と声をあげると、オーディエンスは全身に走り抜けるような衝撃を爆発させ、響き割れるような声をあげた。

 これまでも実寸大のクジラが宙を舞ったり、会場のピアノが燃え炎に包まれるなど、観客が息を飲むような前代未聞の演出に注目が集まっていたTHE TOUR OF MISIAだが、稲妻のようなライティングとともにMISIAの両脇に堂々と現れた二匹の巨大キングコブラは、超ド迫力な存在感をみせていた。また、今ツアーのもう一つの見どころは、イリュージョン!MISIAとともにステージを盛り上げているDJ Ta-Shiや、ダンサーまでもが楽曲パフォーマンスの中で様々なイリュージョンを繰り広げていく。
SAKOSHINが手掛けた歴代のダンスチューンが会場を盛り上げ、ド派手な演出にも引けを取らないMISIAの突き抜けるような歌声がアリーナ中に響き渡ると、会場は巨大なクラブハウスと化し、観客のボルテージは早くも最高潮に達していく。

 ライヴ中盤にはMISIAが弾き語りを披露する一幕も。Album「LOVE BEBOP」に込められた愛と平和への願いを語り、バラードを歌いあげるその姿は、まるで女神のような強さと優しさを感じさせ、光が降り注ぐようなライティングが観客を幻想的な世界へと引き込んでいった。「オルフェンズの涙」ではさらに雰囲気が一変。ステージ上に真っ赤な瞳が浮かびあがると、楽曲に込められた真っ直ぐなメッセージを体感させるかのようにステージには炎があがり、そこへMISIAが全身全霊の力を込めメロディーを歌い上げる。息をのむ間もないほどに圧倒される数々のパフォーマンスに心動かされるこの瞬間は、まさにライヴの醍醐味ともいえるであろう。

 終盤、7色に輝くレーザービームの中をMISIAがステージを端から端まで駆け回りながら次々にヒット曲を披露すると、それまで真剣な眼差しで聴きいっていたファンたちも、笑顔いっぱいに飛び跳ねながら声援を送っていた。本編終了後、ライヴを見終えた満足感だけでなく、18年間続くライヴシリーズの底力を体感しその興奮から溢れる拍手はしばらく鳴りやむことがなく、MISIAがこれまで掲げてきたメッセージでもある“愛”が会場を包み込んだ瞬間となった。アンコールには、TOUR OF MISIAの歴史を語るにはかかせないDrag Queenも登場!Drag Queenがステージにさらなる彩りを添える中、これでもかというイリュージョンがとめどなく披露され、約2時間半に及ぶ公演は幕を閉じた。
なお、この公演は2/4(土)2/5(日)に神奈川・横浜アリーナにてファイナルを迎える。


【セットリスト】
<本編>
1.LOVE BEBOP
2.Butterfly Butterfly
3.ESCAPE 2016
4.BACK BLOCKS
5.Rhythm Reflection
6.Change For Good
7.CATCH THE RAINBOW
-DJ Peformance-
8.明日はもっと好きになる
9.真夜中のHIDE AND SEEK
-MC-
10.白い季節(弾き語り)
-MC-
11.流れ星(弾き語り)
12.桜ひとひら
13.オルフェンズの涙
14.FREEDOM
15.SUPER RAINBOW
16.Oh Lovery Day

<アンコール>
スペシャルメドレー
INTO THE LIGHT
SWEETNESS
逢いたくていま
Candle of Life
忘れない日々
THE GLORY DAY
Everything
-MC-
あなたにスマイル:)
-MC-

 

 

[ RELEASE INFORMATION ]
MISIA「LOVE BEBOP」12th Album「LOVE BEBOP」
2016年1月6日リリース

【初回生産限定盤】BVCL-963 ¥3300(税抜き)
※豪華デジパック仕様
ボーナストラック収録&非売品オリジナルステッカー封入

【通常盤】BVCL-964 ¥3000(税抜き)


iTunesはこちら


<収録曲>
1) あなたにスマイル:) ♪キリン 世界のKitchenからシリーズ新タイアップ曲
2) Butterfly Butterfly ※新曲 ♪「KURE 5-56」 CMソング
3) LOVE BEBOP ※新曲
4) オルフェンズの涙(Long Ver.)  ♪TVアニメ「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」エンディングテーマ
5) 真夜中のHIDE-AND-SEEK
6) 白い季節 ♪テレビ朝日系 金曜ナイトドラマ「セカンド・ラブ」挿入歌
7) 花
8) 明日はもっと好きになる ♪キリン 世界のKitchenからシリーズタイアップ曲
9) Oh Lovely Day ※新曲
10) FREEDOM ※新曲
11) 桜ひとひら ♪テレビ東京開局50周年特別企画ドラマスペシャル「永遠の0」主題歌
12) Candle Of Life
13) 流れ星 ♪映画「S-最後の警官-奪還RECOVERY OF OUR FUTURE」主題歌

初回盤のみ
Bonus Track
14) LOVE BEBOP (Love Is All Remix)

 

【公演概要】
LAWSON Presents THE TOUR OF MISIA LOVE BEBOP all roads lead to you

2016年12月2日(金)仙台サンプラザホール 18:00開場:19:00開演 
2016年12月2日(金)仙台サンプラザホール 17:00開場:18:00開演 
2016年12月10日(土)本多の森ホール 17:30開場18:30開演
2016年12月17日(土)名古屋国際会議場 センチュリーホール 17:30開場18:30開演
2016年12月18日(日)名古屋国際会議場 センチュリーホール 16:30開場17:30開演
2016年12月23日(金・祝)福岡サンパレス 17:30開場18:30開演
2016年12月24日(土)アルモニーサンク北九州ソレイユホール 17:30開場18:30開演
2017年1月7日(土)ニトリ文化ホール 17:30開場18:30開演
2017年1月8日(日)ニトリ文化ホール 16:30開場17:30開演
2017年1月13日(金)倉敷市民会館 18:00開場19:00開演  
2017年1月14日(土)広島文化学園HBGホール 17:30開場18:30開演
2017年1月20日(金)高知県立県民文化ホール オレンジホール 18:00開場19:00開演 
2017年1月21日(土)サンポートホール高松 大ホール 17:30開場18:30開演
2017年1月28日(土)大阪城ホール 17:00開場18:00開演  
2017年1月29日(日)大阪城ホール 16:00開場17:00開演
2017年2月4日(土)横浜アリーナ 17:00開場18:00開演
2017年2月5日(日)横浜アリーナ 16:00開場17:00開演
特設サイト
http://www.misia.jp/tour/index.php
チケット販売サイト
http://l-tike.com/concert/misiatour/

 

【MISIAプロフィール】
長崎県出身。その小さな体から発する5オクターブの音域を誇る圧倒的な歌唱力を持ち、「Queen of Soul」と呼ばれる日本を代表する女性歌手。MISIAの名前の由来にもなった、”ASIAの方々にも音楽を届けたい”との想いの通り、日本国内にとどまらず、その歌声はASIAを越え世界でも賞賛の声を浴びる。
1998年のデビュー曲「つつみ込むように・・・」は日本の音楽シーンに強い影響を与え、ジャパニーズR&Bの先駆者と言われる。その後発表された1stアルバム「Mother Father Brother Sister」は新人ながら、300万枚の異例のセールスを記録。
以降、「Everything」「逢いたくていま」等、R&Bというジャンルにとらわれず、バラードの女王の名も確立させた。その実力は日本国内のみならず、アジア強いては世界からも認められる。年々音楽に対する追求心はとどめを知らず、世界を舞台に様々な作品を発表。さらに彼女は2004年に、女性ソロアーティストとして初の5大ドームツアーを成功させた。その4年後には日本をはじめ、台湾・上海・シンガポール・韓国・香港の5都市を含むアジアアリーナツアーを敢行。2009年から2010年にかけて行われたロングツアーを含め累計250万人以上の観客を動員し、日本の音楽シーンに衝撃を与えたといっても過言ではない。
2013年から2014年にかけて行った15周年記念ツアーでは、台湾・香港・アジアを含むMISIA史上初の全77公演を実施。ますます磨きのかかったパフォーマンスを披露し、多くの人々に感動を与えた。デビュー19周年を目前にして、更なる精力的な活動が期待される。

<MISIA公式サイト>
http://www.misia.jp

2017/01/30-11:23:00

facebook
twitter

J-POP PICKUP

  • 邦楽Pick Up
  • 洋楽Pick Up

MORE PICKUP...