MISIA

10,000本のキャンドルに包み込まれてMISIA CANDLE NIGHT FES.2013開催!話題のゼクシィCMソング「幸せをフォーエバー」本邦LIVE初披露!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr
  • LINEで送る


10,000本のキャンドルに包み込まれてMISIA CANDLE NIGHT FES.2013開催!
話題のゼクシィCMソング「幸せをフォーエバー」本邦LIVE初披露!

MISIA CANDLE NIGHT FES.2013開催!
MISIA CANDLE NIGHT FES.2013開催!
MISIA CANDLE NIGHT FES.2013開催! MISIA CANDLE NIGHT FES.2013開催!
2012年、一夜限りのライヴ「MISIA Candle Night」は、平和への祈りをこめたキャンドルの灯のもと河口湖で開催。

ステージ一面にしきつめられたキャンドルの幻想的な雰囲気とMISIAの優しい歌声が好評を博し、昨年に引き続き、「Misia Candle Night Fes.」として名称を改め、今年7/13(土)、7/14(日)と河口湖ステラシアターにて行われた。

会場となるステラシアターの入口には色とりどりのキャンドルホルダーが一面に飾られ、神聖な世界への入口を演出。観客へは入場時に小ぶりの白いキャンドルが配られ、Fesへの期待感でいっぱいとなった。

厳かな空気の中始まったLIVEは、オープニングのMISIA、Hanah Spring、澤田かおりの出演者3名で歌う「Mercy Mercy Me」でスタート。3人の歌姫がつむぐ美しい歌声のアンサンブルが会場の空気をより研ぎ澄まし会場のボルテージは一気に上昇した。

そして、LIVE中盤、客席では事前に配られたキャンドルへ順番に火をともしていくキャンドル・リレーが行われ、真っ暗な客席に少しずつキャンドルの火が灯されていく幻想的な美しさに、会場に感嘆のため息がもれた。

この日のLIVEでは、今年5月からオンエアされ大きな反響を呼んでいるゼクシィCMソングの新曲「幸せをフォーエバー」を本邦LIVE初披露。先日香港・台湾で行われた公演でのみ披露されて楽曲だけに、演奏を心待ちにしていたファンも多く、会場の歓声もひときわ大きなものになった。

4,000本ものキャンドルで彩られたステージに、客席で揺らぐ3000本のキャンドルが加わり、会場外も含め計10,000本のキャンドルで埋め尽くされた会場は幻想的な世界観を演出。

さらにMISIAの卓越したヴォーカルパフォーマンスがヒトの五感を刺激し、“LIVE(生)”でしか体感することのできないスペシャルな一夜となった。

●MISIAコメント
去年の夏に1夜限り行ったこの「Candle Night」を、15周年イヤーである今年、またこうして開催することができました。キャンドルの炎のリズムのように、ゆったりとしながら音楽を聴いて欲しいなと思います。
また新曲「幸せをフォーエバー」は結婚の喜びと幸せの願いを込めた楽曲です。この曲を聴いて、プロポーズをしたくなるような男性が増え、プロポーズされたいと願う女性がたくさん増え、幸せの輪が一人でも二人でも多く増えていって、そしてまたこの曲がたくさんのウェディングソングとして日本中に愛されることを願って、イメージして書き下ろしました。私がこの曲を歌うことによって、一人でも多くの幸せが日本中に広がることを望みます。


【公演概要】
「MISIA CANDLE NIGHT FES. 2013」

■7月13日(土)~14日(日)
会場:河口湖ステラシアター
16:00開場/17:00開演
2DAYSのべ動員数:6000人

■7月20日(土)
会場:兵庫県立播磨中央公園内野外ステージ
15:00開場/17:00開演
動員数:5000人予定

【出演アーティスト】
☆MISIA
’98年「つつみ込むように…」でデビュー。その小さな体から発する圧倒的な歌唱力は世界中の人々を魅了し続けている。また1つのジャンルに留まらない多くの名作を発表。女性ソロシンガーとして史上初の5大ドームツアーを慣行。
‘08年には日本をはじめ、台湾、上海、シンガポール、ソウル、香港の5都市を含む、アジアでのアリーナツアーも慣行。2010年に南アフリカで開催されたワールドカップでは、公式アルバムに「MAWARE MAWARE」が収録され、世界デビューを飾った。
また、活動の舞台は世界にも広がり、社会貢献活動にも積極的に取り組んできた。2005年に世界的な貧困撲滅キャンペーンにも参加。その後U2のボノに勧められたこともあり、2007年にケニアを訪問、自身のライヴで子どもの支援のためのチャリティグッズの販売や六本木ヒルズでの写真展も開催した。
2008年にはTICAD Ⅳ(第4回アフリカ開発会議)を記念して、アフリカや世界の問題についての啓発を目的とするライヴ「Africa Benefit Live YOKOHAMA」を開催。ライヴにはアフリカのスーパースター、ユッスー・ンドゥールや久保田利伸などが参加した。ライヴ翌日にはU2のボノ、ユッスー・ンドゥールらとともに貧困撲滅を訴えるイベントにも参加。
その後、これまでにケニアのキベラスラムの子どもの奨学支援を行っているほか、マラウイでの蚊帳配布キャンペーンを実施。またマリの水支援活動や南アフリカのエイズ啓発事業などを視察してきた。
環境問題にも積極的に取り組んでおり、2010年3月には、国連事務総長より「生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)名誉大使」に任命される。同会議の公式ソングともなった「LIFE IN HARMONY」は、アメリカの有名プロデューサー、デイヴィッド・フォスターによるプロデュースとなり、同氏にも高く評価されている。
2012年12月、独立行政法人国際協力機構よりJICA-TICADオフィシャルサポーターに就任。翌1月にはセネガルを視察した。また2013年1月、外務省よりTICAD名誉大使に任命される。
また、視察で訪れたセネガルで再レコーディングした「MAWARE MAWARE feat. Doudou N'Diaye Rose」がTICAD Vテーマソングに決定した。
今年2月20日にリリースしたベストアルバム「MISIA SUPER BEST RECORDS -15th Celebration-」はオリコンウィークリーランキングで1位を獲得し話題に。

☆Hanah Spring
1983年 神奈川県生まれ AB型
ジャズギタリストの父、ジャズシンガーの母との間に生まれ、姉や弟たちとジャズのスタンダードナンバーやジャクソン5、TLCなどを歌って踊って育つ。曲作りを始めたのは10歳のときから。
その類まれなるボーカルパフォーマンスとリアルな女心を綴ったソングライティングは最大の武器であり、高く評価されている。
現在「LAWSON Presents MISIA 星空のライヴⅦ-15th Celebration-」ツアーのコーラスに参加中。

☆澤田かおり
1985年アメリカ・シアトルにて生まれる。東京都杉並区育ち。
幼い頃からクラシックピアノ、エレ クトーン、作曲法をヤマハ音楽院にて学ぶ。桐朋女子高等学校(男女共学)を作曲専攻にて卒業後、1年間ファッションモデルとしてスチール、CF、ショーを中心に活動。
2005年に渡米し、ハーバード大学サマースクール英語プログラムを修了後、NYブルックリン音楽院にてヴォーカルレッスンを受ける。2006年1月奨学金を得てバークリー音楽院入学。学内外で精力的に演奏活動を行う。
2008年5月には学内有数の声楽科選抜コンサート“SINGER’S NIGHT”に 日本人ソロヴォーカリストとして初めて選ばれ、そのパフォーマンスは学内で高い評価を得る。
同5月、ソロ&グループパフォーマンスアワード を受賞し、バークリー音楽院を卒業。 2011年の8月17日には初のミニアルバムをリリース。
同年には EVERY CHRISTMASがラジオ局、またテレビで話題になり、各番組に出演する。ピアノ弾き語りから生まれる、吸い込まれるような音の旋律は彼女しか創り上げられない独特の世界を生み出す。

MISIA オフィシャルサイト
http://www.misia.jp

 

[ TOUR INFORMATION ]
■LAWSON presents MISIA 星空のライヴ VII -15th Celebration-
8月8日(木) 大阪フェスティバルホール *追加公演
9月21日(土) 沖縄コンベンションセンター劇場棟
9月22日(日) 沖縄コンベンションセンター劇場棟
10月3日(木) 熊本県立劇場 演劇ホール
10月5日(土) 上野学園ホール(広島)
10月6日(日) 倉敷市民会館
10月12日(土) サンポートホール高松
10月14日(祝月) 徳島市立文化センター
10月23日(水)  鳥取とりぎん文化会館 *追加公演
10月25日(金) 島根県民会館 大ホール
10月27日(日) 周南市文化会館
11月4日(祝月) リンクステーションホール青森(青森市文化会館)
11月6日(水) 帯広市民文化ホール 大ホール
11月8日(金) ニトリ文化ホール(さっぽろ芸術文化の館)
11月15日(金) 郡山市民文化センター 大ホール
11月20日(水) 岩手奥州市文化会館Zホール *追加公演
11月24日(日) 富士市文化会館ロゼシアター 大ホール
11月27日(水) 新潟南魚沼市民会館 *追加公演
11月29日(金) 須坂市文化会館 メセナホール(長野)
12月1日(日) 新潟県民会館
12月7日(土) 新川文化ホール ミラージュホール(富山)
12月8日(日) 福井フェニックスプラザ
12月13日(金) 秋田県民会館
12月15日(日) 盛岡市民文化ホール 大ホール
12月20日(金) 名古屋愛知県芸術劇場 *追加公演
12月21日(土) 名古屋愛知県芸術劇場 *追加公演
12月27日(金) 大分iichikoグランシアタ *追加公演
12月28日(土) 佐賀鳥栖市民文化会館 *追加公演
12月29日(日) 福岡市民会館 *追加公演

■ チケット料金
指定席(FC): ¥7,000(税込)/指定席(一般): ¥7,500(税込)
※3歳以上チケット必要
※購入されたチケットの営利目的の転売は禁止いたします。
※予約後のキャンセル・変更はできません。同様にチケットの払い戻し、再発行も出来ません。

■LAWSON presents MISIA 星空のライヴ VII -15th Celebration- Hoshizora Symphony Orchestra
2014年1月18日(土) 日本武道館
2014年1月19日(日) 日本武道館
2014年1月25日(土) 大阪城ホール
2014年1月26日(日) 大阪城ホール

 

[ RELEASE INFORMATION ]
ゼクシィCMソングとして話題の新曲が遂に発売!!
New Single 「幸せをフォーエバー」
2013.9.4 Release
初回盤(BVCL543):1500円(税込) ※初回特典として豪華パッケージ&ピアノ譜面封入
通常盤(BVCL544):1200円(税込)
結婚情報誌「ゼクシィ」CMソング

デジタル配信スケジュール
着うた・RBT  7月13日(土)先行配信スタート
フル・PC配信 8月22日(木)先行配信スタート



□Digital Single
「MAWARE MAWARE (feat. Doudou N'Diaye Rose)」
2013.5.29 Release(着うた・フル・フルプラス・Ringtone・PC)
TICAD Ⅴ(第5回アフリカ開発会議)テーマソング
MISIA

□デビュー15周記念豪華ベスト・アルバム
「MISIA SUPER BEST RECORDS -15th Celebration-」
2月20日(水)発売
■初回盤(3CD+DVD)
品番:BVCL-30001~30004 価格:¥4,200(税込み)
※初回特典:15周年を振り返る秘蔵映像満載なMISIAヒストリーDVD
Super Best Records -15th Celebration- - MISIA
■通常盤(3CD)
品番:BVCL-30005~30007 価格:¥3,980(税込み)
Super Best Records -15th Celebration- - MISIA

【DISC 1】
01: つつみ込むように・・・(15th ver.)
02: DEEPNESS
03: 恋は終わらないずっと
04: 逢いたくていま
05: SNOW SONG
06: To Be In Love
07: THIS IS ME
08: BACK BLOCKS
09: Color of Life
10: Royal Chocolate Flush
11: Don’t stop music!
12: Back In Love Again(feat.布袋寅泰)
13: 陽のあたる場所
14: LUV PARADE
15: CATCH THE RAINBOW(15th ver.)

【DISC 2】
01: Everything
02: 少しずつ 大切に
03: 忘れない日々
04: 眠れぬ夜は君のせい
05 :そばにいて…
06: Let It Smile
07: It’s just love
08: 星のように・・・
09: EDGE OF THIS WORLD
10: BELIEVE
11: 太陽のマライカ
12: THE GLORY DAY
13: MAWARE MAWARE(feat. M2J+FRANCIS JOCKY)
14: いつまでも
15:果てなく続くストーリー

【DISC3】
01: INTO THE LIGHT(15th ver.)
02: HOLIDAY
03: 太陽の地図
04: Escape
05: 名前のない空を見上げて
06: 地平線の向こう側へ
07: 冬のエトランジェ
08: 飛び方を忘れた小さな鳥
09: 心ひとつ
10: キスして抱きしめて
11: MELODY
12: We are the music
13: LIFE IN HARMONY
14: つつみ込むように・・・
15: 明日へ(15th ver.)

2013/07/16-14:18:00

facebook
twitter

LIVE NEWS

More Music News...

J-POP PICKUP

  • 邦楽Pick Up
  • 洋楽Pick Up

MORE PICKUP...