Donald Fagen

ヴォイス・オブ・スティーリー・ダン、ドナルド・フェイゲン。6年半ぶり、4枚目のニュー・アルバムをリリース!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr
  • LINEで送る


ヴォイス・オブ・スティーリー・ダン、ドナルド・フェイゲン。
6年半ぶり、4枚目のニュー・アルバムをリリース!

ドナルド・フェイゲン
ヴォイス・オブ・スティーリー・ダン、ドナルド・フェイゲンの、6年半ぶり、4枚目のニュー・アルバム『サンケン・コンドズ(SUNKEN CONDOS)』が10月17日にリリースされることが発表された。

この作品はナイトフライ・トリロジー(『ナイトフライ』、『KAMAKIRIAD』、
『モーフ・ザ・キャット』)に続くものである。

9曲のアルバム収録曲はマイケル・レオンハートとドナルドの共同プロデュースによる作品。アイザック・ヘイズの「アウト・オブ・ザ・ゲットー」のカヴァー以外はすべて、ドナルドのオリジナル作品。スティーリー・ダン・ファミリーのジョン・ヘリントン、ザ・スティーリー・ダン・ホーンズ、フレディー・ワシントンもミュージシャンとして参加している。

○デュークス・オブ・セフテンバーとして、来日公演も決定!
2012年10月29日(月)Zepp Nagoya
2012年10月30日(火)グランキューブ大阪
2012年11月1日(木)日本武道館

レーベルサイト
http://wmg.jp/artist/donaldfagen/

 

[ RELEASE INFORMATION ]
『サンケン・コンドズ(SUNKEN CONDOS)』6年半ぶりのニューアルバム!
ドナルド・フェイゲン
『サンケン・コンドズ(SUNKEN CONDOS)』
10月17日リリース
金額未定
Donald Fagen

 

【ドナルド・フェイゲン バイオグラフィー】
1948年1月10日生まれ
ドナルド・フェイゲン=“音の神様”スティーリー・ダン”の中心人物にしてメイン・ヴォーカル。
(スティーリー・ダンの片割れは、言わずとしれたウォルター・ベッカー)
スティーリー・ダンとしては、1972年11月に、アルバム『キャント・バイ・ア・スリル』でデビュー以来、当初のバンド形態から、贅沢なスタジオ・ミュージシャンを縦横無尽に駆使し、スタジオワークでサウンドを組み立てていくフェイゲン&ベッカーのプロジェクト形式に変貌を遂げながら、歴史的名盤『彩(エイジャ)』を含め、1980年までに計7枚のオリジナル・アルバムをリリース。
1981年から12年間の、スティーリー・ダンの活動休止期間中に、ドナルド・フェイゲンはソロとして、歴史的名盤『ナイトフライ』(’82)、『KAMAKIARD』('93)をリリース。
そして1993年に、スティーリー・ダンの再結成ツアーを開始&来日公演も実現!作品としては、1997年から3年の年月をかけて制作された、20年ぶりのアルバム『トゥ・アゲインスト・ネイチャー』を2000年2月28日にリリース。全米ツアーに先駆け、5月からは3度目の来日公演も実現し、日本でも10万枚を超えるヒット・アルバムに。翌年の第43回グラミー賞でも「アルバム・オブ・ジ・イヤー」を含む4部門を受賞。
その後、2003年6月11日に、3年ぶり(!)に、スティーリー・ダンとしての9thアルバム『エヴリシング・マスト・ゴー』をリリース。同アルバムは、固定メンバーによるバンド形態演奏によるレコーディング形式でしかもアナログ・レコーディングと、往年の彼ららしからぬレコーディング方法で制作され、ライヴ感あふれる作品となった。その後、全米ツアーに突入したが、日本ツアーは実現せず。
2006年3月14日に3枚目のソロ・アルバム『モーフ・ザ・キャット』をリリース。
完璧主義を超越した音の完成度に対する執念、そして特異な潔癖体質が、彼の作品発表のインターバルを長くさせているのは事実ではある。が、同時に、①非の打ち所が一切感じられないクオリティの高さ、②独特の鼻にかかった声と、
磨かれたメロディライン、③完璧なコード進行と究極の演奏技術、④マニアックなまでの音に対するこだわり……が多くの音楽ファン/ミュージシャン/エンジニアたちを唸らしているのも確か。「新作を何年でも待っている!」という人が多い、ある意味、幸せで稀有なアーティスト。

2012/08/16-14:25:00

facebook
twitter

洋楽 PICKUP

  • 邦楽Pick Up
  • 洋楽Pick Up

MORE PICKUP...